秋巡業の配役「大きな拍手を」
毎回文楽イチ推しの
名作狂言を
取り揃えての地方公演。

今年度昼の部には
義経千本桜の三段目から
椎の木とすしやの段を。

始めに上演する
椎の木の段は
時間にすれば30分程。

源氏の追手から逃れ
木にも草にも心を置く
若葉の内侍、六代君親子。

吉野の里の小悪党、
小ゆすり騙りで旅人の
ふところ銭をかすめ取る
そんな権太のちょっと意外な
子煩悩ぶり。

この場からご覧戴けば、
登場人物それぞれの
悩み苦しみ哀しみが
より一層鮮やかに
皆さまの胸に迫って、
後に続くすしやの段を
二倍三倍お楽しみ戴けます。

夜の部はまず
千本桜の道行。
満開の吉野の桜の下、
静御前と狐忠信の道行。
文楽でも屈指の名曲です。

忠信には襲名を終えた
五代目玉助が。
これが
地方の皆様には
新玉助のお披露目。
勘十郎兄が静御前で
華を添えます。

口上こそございませんが
玉助の前途洋々たる未来に
大きな拍手をお送り下さい。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/06 12:12] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
秋巡業の配役「どひゃー!」
さて今年度の演目は、
え?なに?は、配役が?!
どひゃー!
ほけほけ呆けて
おります内に(もうええ!)
早くもこの秋の配役が
発表となりました。

大急ぎでお知らせ致します(大汗)。


【昼の部】

「解説」
豊竹希太夫

「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」
椎の木の段
口・豊竹亘太夫、鶴澤清丈
奥・豊竹呂勢太夫、鶴澤清治

すしやの段
前・豊竹呂太夫、鶴澤清介
後・竹本津駒太夫、鶴澤藤蔵

[人形役割]
権太伜善太・吉田簑之
権太女房小仙・桐竹亀次
主馬小金吾武里・吉田簑紫郎(前半)吉田文哉(後半)
六代君・桐竹勘次郎
若葉の内侍・吉田勘彌
いがみの権太・桐竹勘十郎
娘お里・豊松清十郎
弥左衛門女房・桐竹勘壽
弥助実は平惟盛・吉田玉志
すしや弥左衛門・吉田玉輝
梶原平三景時・吉田幸助改め五代目吉田玉助


【夜の部】

「解説」
豊竹亘太夫

「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」
道行初音旅
静御前・豊竹呂勢太夫、鶴澤清志郎
狐忠信・豊竹希太夫、鶴澤清馗
ツレ・豊竹亘太夫、鶴澤清丈
鶴澤友之助

[人形役割]
静御前・桐竹勘十郎
狐忠信・吉田幸助改め五代目吉田玉助

「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」
野崎村の段
中・豊竹希太夫、鶴澤清馗
前・竹本三輪太夫、竹澤團吾
後・竹本文字久太夫、竹澤團七
ツレ・鶴澤友之助

[人形役割]
娘おみつ・豊松清十郎
手代小助・吉田簑一郎
丁稚久松・吉田清五郎
親久作・吉田文司
下女およし・吉田簑太郎
娘お染・吉田勘彌
駕籠屋・吉田玉彦
駕籠屋・桐竹勘介
母お勝・桐竹勘壽
船頭・桐竹紋秀


(人形部)
吉田勘市、
吉田玉征、
桐竹勘昇、
豊松清之助

前半:9月29日から10月7日まで
後半:10月8日から10月19日まで


毎回これはあくまでも
仮だ、仮だ!と
申しておりますが、
こうして配役が出た、
という事は
秋はどうやら本決まり?
にしても良かろうか?

いやいや万が一、
という事もございます。
皆様お近くの会館に
いま一度
お確かめの程を。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/06 10:09] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
平成30年度巡業仮予定
さて
続きましては
業務連絡。

例年この季節になると
皆様にお伝えする事
と言えば?
そう、
巡業仮予定。

いささか先の事なれば
時によっては
予定が変わる、
という場合も
お含みおき戴いて、
今秋と来春の
仮予定。

ラインナップはこちら。


□2018年度・秋の地方公演予定(仮)

9月29日(土)
掛川市生涯学習センター
0537-24-7777

10月2日(火)
久留米シティプラザ
0942-36-3000

10月3日(水)
広島市・JMSアステールプラザ
082-244-8000

10月5日(金)
名古屋市芸術創造センター
052-931-1811

10月6日(土)
岡崎市せきれいホール
0564-25-0511

10月7日(日)
横浜市・神奈川県立青少年センター
045-263-4400

10月8日(日)
熊谷文化創造館さくらめいと
048-532-0002

10月13日(土)
長野市・北野文芸座
026-233-3111

10月15日(月)
札幌市教育文化会館
011-271-5821

10月17日(水)
仙台市・電力ホール
022-225-2251

10月18日(木)
八戸市公会堂
0178-44-7171

以上11会場11公演


□2018年度(2019年)・春の地方公演予定(仮)

3月2日(土)
京都市・京都府立文化芸術会館
075-222-1046

3月3日(日)
同上・京都府立文化芸術会館
075-222-1046

3月4日(月)
同上・京都府立文化芸術会館
075-222-1046

3月7日(木)
北九州市・戸畑市民会館ウェルとばた
093-871-7200

3月8日(金)
倉敷市芸文館アルスくらしき
086-434-0400

3月9日(土)
尾道市・しまなみ交流館テアトロシェルネ
0848-25-4073

3月10日(日)
姫路市文化センター
079-298-8011

3月14日(木)
高崎市文化会館
027-325-0681

3月15日(金)
大田区民プラザ
03-3750-1611

3月16日(土)
府中の森芸術劇場
042-335-6211

3月17日(日)
宇都宮市文化会館
028-636-2121

3月21日(木・祝)
鳥取市民会館
0857-24-9411

3月23日(土)
静岡市・グランシップ
054-203-5710

3月24日(日)
四日市市文化会館・第2ホール
059-354-4501(文化会館)
059-351-2915(四日市で文楽を見る会・弥生座事務局)

以上12会場14公演

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/05 13:35] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
4月公演御礼「文楽でも一二を争う」
続くは東京5月公演。
演目配役はそのままに。
悪く慣れる事無く
4月ひと月の舞台で
得た物を生かしながら
座員一同新たな気持ちで
取り組みます。

残念ながら昼の部は
現在完売となっておりますが、
夜の部は
まだ初日から
お席がございます。

夜の部の狂言は
「彦山権現誓助剣」。
宮本武蔵がモデル(諸説あり)
とも言われるナイスガイ、
毛谷村六助が主人公。

それに連れそう恋人は
仇を追って諸国を巡る
男勝りの女偉丈夫お園。

目指す敵は京極内匠。
文楽でも一二を争う
極悪非道の大悪人。

その悪逆ぶりには
色気すら
感じられます。

それでも口上が、
というお客様。
客席ロビーのモニターで
その様子をご覧戴けますし、
半蔵門駅から続く道には
新玉助のお披露目幟が
初夏の風にひるがえり、
これまた客席ロビーには
祝いの花が溢れんばかり。

襲名の華やぎを余す所なく
お感じ戴ける事
疑いなし。

今月も
変わらぬお越しを
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/05 13:04] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
4月公演御礼「六百人を超えるという」
ひと月の舞台も終盤を迎え
いよいよ公演も
一区切り
というその中で
千秋楽を待つ事無く
竹本住太夫師匠が
亡くなられました。

現役の第一線を

退かれてからも
公演のお稽古には
必ず姿を見せられて
熱心に後進の指導に
当っておられた住師匠。

世間的には
大往生という言葉が
似つかわしいのでしょうが、
我々にとっては
全く突然の訃報でした。

葬儀は千秋楽の翌日
六百人を超えるという
大勢の弔問客が詰め掛ける中
しめやかに
執り行われました。

DSCN4955mini-20180505.jpg

DSCN4958mini-20180505.jpg

DSCN4960mini-20180505.jpg

DSCN4961mini-20180505.jpg
そうそう、師匠野球大好きでした

会場には素浄瑠璃の会で
「桜丸切腹」を語られる
師匠のお姿がテレビモニターに。

開式から出棺まで
二時間半を超える
告別式でしたが、
お見送りまでお一人も
お帰りにならなかったのは、
生前の師匠のお人柄が
偲ばれます。

幸助君が入門して
まだ若い時分から
芸に取り組む
ひた向きな姿勢と
その素質を大いに買って、
何かにつけてお言葉を
掛けておられた住師匠。

浄土に旅立たれても
新玉助の
晴れの舞台を
変わらず見守って
おられる事と思います。

御礼がすっかり
遅くなりましたが
皆様のお蔭で盛況のうちに
閉幕とさせて戴きました。
有難うございました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/05 12:56] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
■4月公演御礼「新玉助の晴れ姿を」
一週間、いや、ふた月の
ご無沙汰でした(汗)。
玉置、いや、豊松清十郎です。

皆さまGWをいかがお過ごしで
ございましょうか。
時間があっても更新せず、
すっかり怠け癖の付いた
このブログ。

ほけほけ呆けております内に
爛漫の桜咲き誇る春の盛りから
青葉若葉の初夏の季節へ、
そんな中
4月文楽公演も
お蔭様で目出度く
千秋楽を迎えました。

さて今月の
目玉は
何と言っても
五代目吉田玉助の
襲名披露。

新玉助の晴れ姿を
初日から連日
たくさんのお客様が
劇場に詰め掛けて
下さいました。

今年は開花の早かった桜、
残念ながら
公演初日には
すっかり葉桜と
なってしまいましたが、

2570mini-20180505.jpg
昨年呂太夫襲名では見事に満開の桜も

3630mini-20180505.jpg
今年は一週間遅かった。ああ、残念!

3655mini-20180505.jpg
因みに楽日はこの姿


ロビーに入れば
新玉助の襲名を寿ぐ
華やかさに満ち満ちております。

3661mini-20180505.jpg
ロビーに向かう階段上では

3653mini-20180505.jpg
新玉助が裃姿でお出迎え

3634mini-20180505.jpg
各界からのまねき飾り

3646mini-20180505.jpg
こちら楽屋ロビーには

3648mini-20180505.jpg
各界からのお花が溢れんばかり


様々な配り物もございました。

3670-20180505.jpg
扇、手拭い、挨拶状
これぞ
襲名三種の神器

3676-20180505.jpg
扇は宮脇賣扇庵謹製

3684-20180505.jpg
手拭いの柄は判じ物
分っかるかな?

3683-20180505.jpg
玉簾(たます)に、け
たますけ、という訳で
正解者に座布団一枚!


お世話になったお客様には
更にあれこれ種々様々
工夫を凝らした配り物を
用意した玉助さんですが、
我々楽屋連中にもこんな物が。

3644mini-20180505.jpg
両口屋是清の千なり(どらやき)に
皆さまご存じ文楽せんべい
玉助バージョン

3687-20180505.jpg
玉助似顔絵の作者は、六月鑑賞教室公演
パンフレットのあらすじ漫画でもお馴染み、
中西らつ子画伯(奥様です)その人でアリマス


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/05/05 08:13] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月東京公演御礼「若手会の配役」
最後のお知らせは
若手会の配役。
6月末に
大阪、東京で
ご覧戴きます。


□文楽若手会

【公演日時】
大阪:6月23日(土)6月24日(日)
※両日とも13時開演(16時半終演予定)
東京:6月28日(木)17時開演(20時半終演予定)
6月29日(金)13時開演(16時半終演予定)

「万才」
豊竹咲寿太夫、野澤錦吾(大阪)鶴澤清公(東京)
竹本小住太夫、鶴澤燕二郎
竹本碩太夫、鶴澤清允

[人形役割]
太夫・吉田玉彦
才蔵・桐竹勘次郎

「絵本太功記」
夕顔棚の段
豊竹亘太夫、鶴澤清公(大阪)野澤錦吾(東京)

尼ヶ崎の段
前・豊竹希太夫、鶴澤友之助
後・豊竹靖太夫、鶴澤寛太郎

[人形役割]
母さつき・桐竹紋臣
妻操・吉田簑紫郎
嫁初菊・吉田玉誉
旅僧実は真柴久吉・吉田簑太郎
武智光秀・吉田玉勢
武智十次郎・桐竹紋吉(大阪)吉田玉翔(東京)
加藤正清・吉田簑之(大阪)吉田和馬(東京)

「傾城恋飛脚」
新口村の段
口・竹本碩太夫、鶴澤清允(大阪)鶴澤燕二郎(東京)
前・竹本小住太夫(大阪)豊竹咲寿太夫(東京)
後・豊竹芳穂太夫、鶴澤清馗

[人形役割]
忠三女房・桐竹勘介(大阪)吉田玉路(東京)
八右衛門・吉田玉延(大阪)吉田玉峻(東京)
亀屋忠兵衛・吉田玉翔(大阪)桐竹紋吉(東京)
遊女梅川・桐竹紋秀
樋の口の水右衛門・吉田玉征
伝が婆・豊松清之助
置頭巾・桐竹勘昇(大阪)吉田玉延(東京)
弦掛の籐治兵衛・吉田和登
針立の道庵・吉田簑悠
親孫右衛門・吉田文哉
捕手小頭・吉田和馬(大阪)吉田簑之(東京)

[人形部]
吉田簑一郎、
吉田勘市、
吉田玉佳、
吉田一輔


その昔
朝日座では(だいぶ昔ですが)
正月公演の千秋楽翌日から
四日間行われた
「若手向上会」。

文楽劇場になっても
その伝統を引き継ぎ
毎年開催されます。

殊に近年は東京でも
開催されるようになり、
上演日も同じ四日間。
有難い事にお客様の数も
年々増しております。

景事で
四季寿の「万才」、
時代物は「太功記十段目」、
世話物として「新口村」を
上演致します。

普段は頭巾をかぶって
黙々と足を遣うばかりの
若い人形遣いも、
この日は皆様に
見知って戴くチャンス。

また各場で主役を遣う
人形遣いにとっては
正念場ともなります。
太夫、三味線にとっても
勿論これはご同様。

若手会、どうぞご贔屓に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/03/04 10:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月東京公演御礼「上方落語から桂かい枝さん」
毎年申しておりますが
前半後半、午前午後
四班が全て役替わり。
床の組み合わせは
本公演ではあまり
聞く事の出来ない
新鮮な配役。

分かりやすいパンフが付いて、
一般の方でも入場料は
3900円。

上演時間も
普段より短く
初めての方にもお勧め。

ただ学生団体を優先する
公演となりますので、
平日はお席の無い日も。

そんな方には
夜6時半から開演の
社会人向け公演を。

こちらは
三番叟を上演しませんが、
そのお時間で御覧戴く
工夫を凝らした
解説が評判。

これまで狂言、浪曲などから
今が旬の方々にナビゲーターを
お願いした来ましたが、
今年は上方落語から
桂かい枝さんを。

構成には
夏休み公演で
新作「かみなり太鼓」を
書き下ろして下さった、
落語作家の小佐田定雄さん。

とても繋がりの多い
上方落語と文楽。
文楽もよくご存じの
小佐田さんの台本を、
かい枝さんが
どの様に
口演して下さるのか。
どうぞお楽しみに。

また16日(土)
14時からは
外国の方向けの公演が。
ナビゲーターはこちらも
変わらずかい枝さん。

「英語落語」を20年も手掛け
世界を旅した経験も
たっぷり豊富なかい枝さん。
英語?と仰る方でも
きっとお楽しみ戴ける筈。
今年は文楽で英語学習、
如何ですか。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/03/03 18:18] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月東京公演御礼「6月文楽鑑賞教室の配役」
続いては皆様お待ちかね。
6月文楽鑑賞教室の
配役のお知らせです。


□6月文楽鑑賞教室

6月8日(金)~6月21日(木)
料金:一般3900円・学生1300円(パンフレット付き)
※12日(火)、18日(月)は午後の部のみ
18時半からは社会人の方に向けて
「社会人のための文楽入門」がございます。
尚この公演では「二人三番叟」は上演致しません。
※16日(土)は午前の部のみ
14時からは外国人の方に向け
「Discover BUNRAKU」を上演します。
※中、高校生の団体鑑賞で
一般前売り開始前に
満席となる場合もございます。
ご注意ください。

【A班】前半:8日(金)~14日(木)
午前の部10時半開演
※ただし12日(火)は14時開演

「二人三番叟」
三番叟・豊竹靖太夫、鶴澤清馗
三番叟・豊竹咲寿太夫、鶴澤友之助
豊竹亘太夫、野澤錦吾、鶴澤清允

[人形役割]
三番叟・桐竹紋秀
三番叟・吉田玉誉

解説「文楽へようこそ」
豊竹希太夫
鶴澤寛太郎
吉田玉翔

「絵本太功記」
夕顔棚の段
竹本南都太夫、鶴澤清志郎

尼ヶ崎の段
前・豊竹呂勢太夫、鶴澤清友
後・竹本津駒太夫、鶴澤藤蔵

[人形役割]
母さつき・吉田和生
妻操・豊松清十郎
嫁初菊・桐竹紋臣
旅僧実は真柴久吉・吉田玉輝
武智光秀・吉田幸助改め吉田玉助
武智十次郎・吉田清五郎
加藤正清・桐竹亀次

【B班】前半:8日(金)~14日(木)
午後の部14時開演
※ただし12日(火)は18時半開演

「二人三番叟」
三番叟・豊竹芳穂太夫、竹澤團吾
三番叟・竹本小住太夫、鶴澤清丈
竹本碩太夫、鶴澤清公、鶴澤燕二郎

[人形役割]
三番叟・吉田玉勢
三番叟・吉田簑太郎

解説「文楽へようこそ」
豊竹靖太夫
鶴澤友之助
吉田玉誉

「絵本太功記」
夕顔棚の段
豊竹希太夫、鶴澤寛太郎

尼ヶ崎の段
前・豊竹睦太夫、野澤喜一朗改め野澤勝平
後・竹本千歳太夫、豊澤富助

[人形役割]
母さつき・吉田簑二郎
妻操・吉田一輔
嫁初菊・吉田簑紫郎
旅僧実は真柴久吉・吉田玉男
武智光秀・吉田玉志
武智十次郎・吉田文哉
加藤正清・吉田玉彦

【C班】後半:15日(金)~21日(木)
午前の部10時班開演
※ただし18日(月)は14時開演

「二人三番叟」
三番叟・豊竹希太夫、野澤喜一朗改め野澤勝平
三番叟・豊竹亘太夫、鶴澤寛太郎
竹本碩太夫、鶴澤清公、鶴澤燕二郎

[人形役割]
三番叟・桐竹紋吉
三番叟・吉田玉翔

解説「文楽へようこそ」
豊竹靖太夫
鶴澤友之助
吉田玉誉

「絵本太功記」
夕顔棚の段
豊竹咲寿太夫、鶴澤清馗

尼ヶ崎の段
前・豊竹芳穂太夫、竹澤宗助
後・竹本文字久太夫、鶴澤清介

[人形役割]
母さつき・吉田簑一郎
妻操・吉田勘彌
嫁初菊・桐竹紋秀
旅僧実は真柴久吉・吉田文司
武智光秀・吉田玉也
武智十次郎・吉田玉勢
加藤正清・桐竹勘介

【D班】後半:15日(金)~21日(木)
午後の部14時開演
※ただし16日(土)は外国人向けの公演
18日(月)は18時半開演となります

「二人三番叟」
三番叟・豊竹睦太夫、鶴澤清志郎
三番叟・豊竹亘太夫、鶴澤友之助
竹本碩太夫、野澤錦吾、鶴澤清允

[人形役割]
三番叟・吉田文哉
三番叟・桐竹勘次郎

解説「文楽へようこそ」
豊竹希太夫
鶴澤寛太郎
吉田玉翔


「絵本太功記」
夕顔棚の段
竹本小住太夫、鶴澤清丈

尼ヶ崎の段
前・豊竹靖太夫、野澤錦糸
後・竹本織太夫、鶴澤燕三

[人形役割]
母さつき・桐竹勘十郎
妻操・吉田文昇
嫁初菊・桐竹紋臣
旅僧実は真柴久吉・吉田勘市
武智光秀・吉田玉佳
武智十次郎・吉田簑紫郎
加藤正清・吉田玉路

[人形部]
吉田和馬、
吉田簑之、
吉田玉峻、
吉田玉延、
吉田簑悠、
吉田玉征、
桐竹勘昇、
豊松清之助、
吉田和登

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/03/03 14:14] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月東京公演御礼「吉田玉助が誕生致します」
次回5月公演は
また引き続いての
襲名披露。
幸助改め五代目の
吉田玉助が誕生致します。

先ずはその
5月公演の配役を
お知らせ致します。
と、申しましても
配役は4月大阪と
ほぼ変わりは
御座いませんが。


□5月文楽公演

5月12日(土)~5月28日(月)

【第一部】11時開演(15時30分終演予定)

「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」
桔梗原の段
口・豊竹芳穂太夫、竹澤團吾
奥・竹本文字久太夫、竹澤團七

吉田幸助改め五代目吉田玉助
「襲名披露口上」

景勝下駄の段
竹本織太夫、鶴澤寛治

襲名披露狂言
勘助住家の段
前・豊竹呂太夫、鶴澤清介
後・豊竹呂勢太夫、鶴澤清治

[人形役割]
高坂妻唐織・吉田簑二郎
越名妻入江・吉田一輔
慈悲蔵実は直江山城之助・吉田玉男
一子峰松・吉田簑悠
高坂弾正・吉田玉輝
越名弾正・吉田文司
女房お種・吉田和生
百姓正五郎・吉田玉路
百姓戸助・吉田和馬
長尾景勝・吉田玉也
勘助の母・(勘助住家・前まで)桐竹勘十郎
勘助の母・(勘助住家・後より)吉田簑助
横蔵後に山本勘助・吉田幸助改め五代目吉田玉助

「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)」
道行初音旅
静御前・豊竹咲太夫、鶴澤燕三
狐忠信・竹本織太夫、竹澤宗助
ツレ・竹本津國太夫、鶴澤清志郎
竹本南都太夫、鶴澤清馗
豊竹咲寿太夫、鶴澤清丈
竹本小住太夫、鶴澤友之助
豊竹亘太夫、鶴澤清公
竹本碩太夫、鶴澤燕二郎
竹本文字栄太夫、鶴澤清允

[人形役割]
静御前・豊松清十郎
狐忠信・桐竹勘十郎

【第二部】16時開演(20時40分終演予定)
「彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」
須磨浦の段
お菊・竹本三輪太夫、鶴澤清友
内匠・豊竹始太夫
友平・竹本小住太夫
弥三松・豊竹咲寿太夫

瓢箪棚の段
中・豊竹希太夫、鶴澤寛太郎
奥・竹本津駒太夫、鶴澤藤蔵
ツレ・鶴澤清公

杉坂墓所の段
口・豊竹亘太夫、野澤錦吾
奥・豊竹靖太夫、野澤錦糸

毛谷村六助住家の段
中・豊竹睦太夫、野澤喜一朗改め野澤勝平
奥・竹本千歳太夫、豊澤富助

[人形役割]
娘お菊・吉田勘彌
一子弥三松・吉田簑太郎(前半)桐竹勘次郎(後半)
若党友平・吉田文昇
京極内匠・吉田玉志
惣嫁お鹿・桐竹紋臣
惣嫁お仙・吉田簑紫郎
惣嫁菊野・吉田玉誉
若党左五平・吉田玉勢
嫁お園・吉田和生
青侍・吉田簑一郎
いたち川・吉田清五郎
轟伝五右衛門・吉田玉佳
家来・桐竹勘次郎
毛谷村六助・吉田玉男
杣松兵衛・吉田玉誉(前半)吉田玉翔(後半)
杣槙蔵・吉田玉彦
杣樫六・桐竹勘助
斧右衛門の母・桐竹亀次
門脇儀平・吉田文哉
弟子曽平次・吉田簑之
弟子軍八・吉田玉峻(前半)吉田玉延(後半)
杣栗右衛門・桐竹紋秀
母お幸・桐竹勘壽
杣斧右衛門・吉田勘市

※ダブルキャスト
前半:5月12日(土)~5月20日(日)
後半:5月21日(月)~5月28日(月)

※この公演の入替はございません


皆様の益々の
御来場を
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2018/03/03 10:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>