今年一年、ありがとうございました。(今年一年のお礼・其の二)
今改めて、読み返してみると、
今年ここまでの思いが、次々に甦り、
皆様のご声援と共に、
私にとっても、
このブログが、大切な足跡となっています。

様々な事があった一年も、
押し詰まった、今月10日、
小道具係の
久我敬一郎さんが、
急性肝炎で亡くなりました。

まだ41歳の若さ。
文楽が、
物作りが大好きで、
一度作った小道具も、
少しでも使い易く、と、
何回も調子を聞きに来ては、
手直しをしてくれました。

夏休み公演、「日本振袖始」の、
ヤマタノオロチを作る時は、
何日も、劇場に泊まり込んで、
公演直前まで、
頑張っていました。

7月24日アップ分のブログで、
大蛇の首の前で、
帽子を被っているのが、
久我君です。
「裏方ですから」と断られ、
しっかり顔を撮れなかったのが、
今は残念でなりません。

オロチ作りのはじまり

根気のいる作業です
↑久我君です。

10月30日分にアップした、
11月公演、新調のお猿さんが、
遺作となりました。

男の子です

女の子です
↑久我君の遺作です。

若手の人形遣い達にも慕われ、
お通夜には、東京公演後、
木更津の斎場まで、
何人も駆けつけ、
手を合わせていました。

あと二十年、小道具方は安泰、
と信じていたのに。
残念です。

思い返せば、3月には、
玉英さん、玉松兄さんも亡くなりました。
逝ってしまった、掛け替えの無い人達の、
大切な思い出を胸に、
今年も終わります。

そして、くる年。
まず正月公演には、
清三郎君が、
新、三代目文昇として、
お披露目。

ご心配をお掛けした、
簑一郎君、勘市君も、
お陰さまで、復帰いたします。

更に、
4月大阪、
5月東京では、
竹本源大夫、鶴澤藤蔵の、
襲名披露公演もございます。

文楽にとっても、
皆様にとっても、
素晴らしき、
良き卯年となります事を、
願っております。

改めて、最後にもう一度。
今年一年、ありがとうございました。
来年も、どうぞ宜しくお願い致します。
新春3日、
劇場でお待ち申し上げております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/31 19:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/99-45a92c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |