5月東京公演御礼「後一席で涙を」
大阪、そして
東京と
ふた月続いた襲名公演。

千秋楽は見事な
五月晴れ。
思い返せば
四月の大阪も
初日は残念な雨空ながら、
楽日はすっきりと
日本晴れ。

これこそ正しく格言の
「雨降って地固まる」
「終わり良ければ全て良し」
(ん?始め、だったかな?)
を地で行く姿。

六代目豊竹呂太夫の
これからに華を添える
天の配剤と申せましょう。

2908mini-20170621.jpg
おめでとうございますぅ

2909mini-20170621.jpg
これぞまことの五月晴れ

2900mini-20170621.jpg
ツツジに代わってサツキが見事

2911mini-20170621.jpg
幟も今日が見納めか

2910mini-20170621.jpg
次回は新春、織太夫襲名をお楽しみに


カメラ片手に表に回ると
連日お馴染みとなった
満員御礼の札が見当たらず。

「まだ出ませんか」
と声を掛ければ
案内係のお姉さま方が
ニッコリ笑顔で
指を一本。

「ん?」
「あと一席が」
とまた笑顔。

こちらは定めしお気楽に
「まあこれ位ならいいでしょう」と、
ノリ勢いで飾る物だとばかり
思っていたあの札が
そんなに厳格な物だったとは!

2848mini-20170621.jpg
価値ある一枚です

それほど貴重な
満員御礼。
もうこれからはこの札に
足を向けては寝られません
(モチロン向けてませんけど)。

後一席で涙を呑んだ
満員御礼ではありましたが、
こちらは変わらぬ
吉例の
大入り袋の御開帳。

2892mini-20170621.jpg
勿論こちらもプライスレス

襲名披露昼の部は勿論、
何かと出にくい夜の部にも
変わらずお越し戴いた
皆さま方のお蔭。
有難うございました。

2921mini-20170621.jpg
オオっと、忘れちゃならないお弁当

2926mini-20170621.jpg
こちらは初日
来年も楽しみだぁ!


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/05 10:28] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/940-88c5a2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |