スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
5月公演「力入ってます!!」
次回
9月の東京公演は
昼夜に半通しを。

昼の部には
深雪、阿曾次郎の
悲しい恋のすれ違いを描いた
「生写朝顔話」。
二人が初めて
直接に言葉を交わす
「宇治川蛍狩り」から
本当に出会えるまで
恋を叶えるまであと僅か、
という「大井川」迄を
ご覧戴きます。

本当は
これらの場以外にも、
様々な事件に巻き込まれ
あと一歩で出会えない
という場がたっぷりと
ございますが、
それはまたいつか
一日通して上演の節の
お楽しみという事で。

あ、それからこの
「大井川」の後
朝顔はようやく
恋人に出会い、
再び深雪の姿に戻って
駒澤となった阿曽次郎と
幸せに暮らす、という
ハッピーエンドが
待っておりますので、
御見物の皆様
どうぞご安心を。

この半通し、
ほぼ同じ形で
二年前の大阪
夏休み公演に
掛けられておりました。

「浜松小屋」は
東京では
20年ぶりの上演。

「見たいけど大阪までは」と
涙を呑まれたお客様、
お待たせ致しました。

朝顔は恋人阿曾次郎との出会い、
そして儚い別れを描く
深雪時代を一輔君が。

恋焦がれて
目を泣きつぶし、
盲目となった哀れな朝顔が
巡り合った乳母浅香と
再び死に別れにとなる
「浜松小屋」を
簑助師匠が。

そしてその後の
「宿屋、大井川」を私がと
それぞれ三人で勤めます。
「宿屋」では朝顔の哀れさ、
そして「大井川」では
恋焦れて命も顧みぬ
その一途の思いを
感じ取って戴ける様
精一杯勤めます。

夜の部
「玉藻前」では
那須殺生石でお馴染みの
金毛九尾の狐が
都を舞台に大あばれ。

けれん、からくりふんだんに、と
それだけのお芝居に
思われがちですが、
どっこい三段目
「道春館」は
繰り返し上演され
じっくり聞かせる名舞台。

生す仲、生さぬ仲の狭間で
翻弄される二人の姫と
苦衷の母萩の方。

上使に立った金藤次の
意外な過去とは?
御期待下さい。

勿論
初花姫に乗り移り
悪逆の限りを尽くす
妖孤玉藻前の暗躍は
御期待通り。

各所に
勘十郎さんならではの
仕掛け、工夫を散りばめて、
最後の「化粧殺生石」では
座頭、夜鷹に、いなせな男
奴、雷、女郎までつごう七役、
遣い分けてのまぜこぜ踊り。

お客様に
「飽きる」という間を
与えません。

奇しくもこちらも二年前、
大阪錦秋公演で上演した物。
東京のお客様、
お待たせ致しました!
伝説の(?)「玉藻前」
どうぞお見逃しなく!
(力入ってます!!)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/27 18:18] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/939-d28ff55e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。