業務連絡7「絶好の機会」
今年の若手会は
「寿柱立万歳」と
「菅原」。

先ずは
「寿柱立万歳」。
三番叟もそうですが
二枚目、三枚目では
軽妙さを要求される
三枚目に年長者が
配されるのが文楽流。

しかし究極を言えば
形を崩せない二枚目の方が
本当は難しいかも。

太夫、才蔵に其々が
どの様な味を見せてくれるか。
楽しみです。

「菅原」は4月と違い
「佐太村」の無い代わりに
「車曳」が上演されます。

大敵役時平を前に
梅、松、桜の三兄弟が
吉田の社頭で大立ち回り。

この場に出てくる人形は
どれも立役の型の
オンパレード。

役の性根と共に、
基本を学べる
絶好の機会となります。

「寺入り、寺子屋」は
これまた
文楽の大定番。
其々の役が其々に
為所がある。

こちらは人物、
境遇の違いを
くっきり出さねばなりません。

20年、30年後を
見据えて
精一杯勤めます。

今年は劇場の都合もあり
東京での上演は
平日となりましたが
熱のこもった
若手の舞台。

文楽入門の方々にも
この入場料は
絶好の機会。
一人でも多くの皆様の
御観劇をお待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/11 18:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/932-68f05aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |