初春公演御礼と研修修了発表会「あっという間の」
当る酉歳。
平成29年の幕開け
文楽初春公演も
千秋楽を
迎えました。

2222-20170130.jpg
やっぱり嬉しい千秋楽

2221-20170130.jpg
冬の陽が暖かにふりそそぎ

2223-20170130.jpg
初日と同じく晴天の楽日となりました


袖萩に
精一杯の
力を注いだ私には
新年のご挨拶が
つい昨日の様。
あっという間の
三週間でした。

正月公演の習いとて
風邪やインフルエンザ、
また中には
水ぼうそうに
倒れる者(息子さんは元気なのにね、
清公クン)
も出ましたが
長引く事なく皆復帰、
顔揃えての千秋楽。

その目出度さに
弾みをつける
嬉しい大入り袋。

2236-20170130.jpg
まずは一枚目

大阪、そして東京と
全ての本公演で
大入りとなった昨年。

今年もそれに続こうと
意欲を燃やす我々にとって
幸先の良いスタート。

これも偏に
皆様のお蔭。
ありがとうございました。

続く2月は
三部公演。
平成11年(1999)以来
久々に近松作品を三本揃えた
「近松名作集」。

一部には
「平家女護島」。
お馴染みの
「鬼界が島」に加え
「六波羅」は
平成11年(1999)、
「敷名の浦」は
平成7年(1995)以来と
共にミレニアム後
初めての
上演となります。

二部は
「曾根崎心中」。
徳兵衛玉男、
お初勘十郎の
新黄金コンビで御覧戴きます。

三部は
「冥途の飛脚」を。
玉男さんの導きで
本公演では初めての私が
大役梅川に挑みます。

人気の曾根崎は
只今売り切れですが、
一部、
三部には
まだまだお席がございます。

2月も変わらぬご贔屓を。
皆様のお越しを
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/31 23:01] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/913-4dcc232f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |