スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
4月文楽公演配役「徳兵衛を勤めます」
春真っ盛りの4月文楽公演
今年は何と言っても
英太夫改め六代
豊竹呂大夫の
襲名御披露が話題の中心。

昼の部はまずお目出度く
寿柱立万歳で
幕開け。

「ヤンラめでたやなぁ、
鶴は千年の名鳥なり。
亀は万年の御寿命保つ・・・」
と三河万歳の太夫、才蔵が
目出度く舞い納めます。

続いては三代名作の一つ
「菅原伝授手習鑑」より
「佐太村」の段を。

図らずも
菅相丞が流罪となる
騒動の誘因となった桜丸。
父親白太夫の古希の祝いの席に
突然巻き起こった悲劇に
翻弄される
親子、兄弟、夫婦の嘆き。
悲運の桜丸を簑助師匠が
勤めます。

続くはお待ちかねの
「六代呂大夫襲名披露口上」。
口上としては八年ぶり。

床の口上となると
平成13年の
寛治師以来となります。

呂大夫は
英兄さんの祖父
十代目若大夫師匠の前名。

大名跡への礎ともなる
今回の襲名御披露。
どうぞ皆様ご声援を。

その襲名披露狂言が
お馴染み
「寺子屋」の段。
今回は奥を
咲太夫さんが語り
呂大夫襲名に華を添える
という形になります。

夜の部はまず
「楠昔噺」を。
太平記に描かれた南北朝の戦い。
その大将楠(楠木)正成と
宇都宮公綱の物語。

時代物ながら
外題にもある通り
昔噺から抜け出たような
仲睦まじい老夫婦の
微笑ましい
言い争いから
お芝居が始まります。

前回上演の
平成17年は
徳太夫先代玉男、
小仙文雀のお二人。
12年ぶりとなる今回は
それぞれの筆頭弟子
二代玉男、和生が
師匠譲りの舞台を
勤めます。

夜の部もう一本は
今や現代の「独参湯」、
「曾根崎心中」を。

2月東京に続いての
上演となりますが、
今回は
玉男さんに代わり
私が徳兵衛を勤めます。

これが私にとっては
二度目のチャレンジ。
前回はただもう無我夢中で
舞台に立つのが精一杯。
あの時の経験を教訓とし
勘十郎さんの胸を借りて
実のある舞台を目指します。

香り立つ卯月の空に相応しく
華やかな襲名を寿ぐ4月公演。
皆様どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/27 11:32] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/912-cc2722e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。