文楽研修修了発表会「どことなく風貌が」
乗り物が大好きで
子供の頃の夢は
地下鉄の運転手。
「JRじゃなくて地下鉄?」
「安全なんで」

札幌の地下鉄は
車輪ではなく
ゴムタイヤ。
レールの代わりに
軌条という物を
横向きの別のタイヤで
挟みつけて走る為、
脱線転覆の心配はなし。
なるほど堅実ね。

「趣味は?」
「エエ、旅行と手拭い集めです」
「て、手拭い?」
ヒマもお金も無い研修生。
旅行と言っても
もっぱら日帰り。
たまに戴くお休みに
向かうは
名刹神社仏閣。

「札幌にはそういうとこ
あまり無い物で」
そこで集める
ご朱印と手拭い。
うーん、こりゃまた渋い!

「我々芸人の手拭いは?
お客様への名刺代わりに
作るけど」
「はい、これから楽しみです」
イヤ、君が集めても・・・

これまで訪ねた中で
別格に良かったのは
伊勢神宮。

「普段特別に
宗教などを
信じてはいませんが
境内に足を踏み入れると
あの何とも言えない
厳かな雰囲気に
言葉では表せない
何か大きな物の
存在を感じました」

ふーん、なるほど。
なかなか感性も豊か。
仏教回教キリスト教、
創価学会天理教、
原理オームに至るまで
よろず宗教何でも来い、の
このワタクシが
ちょっと導いて
あげましょうかな。

彼が去年の発表会、
語ったのは
「寺入り」。
楽屋で聞いていた我々も
オッと耳を傾けるほど
一年目にしては
良い出来でした。

お稽古に厳しい
住太夫師匠も
「今のまま
素直にやりや」
と仰っただけ。

そう言えば研修の
控室に掲げられた
山城少掾のお写真。
どことなく風貌が
田中君に似たような。

今年修了の課題は
「熊谷桜」。
あれから一年
どんなに育ってくれたのか。
我々も今から楽しみです。

ああ、アカンアカン。
田中君ばっかり
めっちゃめちゃ分量が
増えてしもた。
ま、いっか。

先に紹介の二人の事は
晴れて入門のその時に
「新人さんいらっしゃい」で
またまた詳しく
お伝えしましょう。

入場無料の
この催し。
寒さ厳しい毎日ですが
若者たちの熱い舞台に
皆様どうぞご声援を。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/25 10:33] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/910-0da1a983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |