文楽研修修了発表会「初志を貫きとおして」
それではここで
この催しの主役、
三人の研修生に
ちょっとひと言
インタビュー。

2186mini-20170121.jpg
文楽劇場5階の廊下

2185mini-20170121.jpg
この暖簾の奥の部屋こそ

2189mini-20170121.jpg
そうです、これが噂の研修生控室


先ず一人目は
人形専攻の
吉田陸夫(よしだりくお)君。
平成5年4月20日生まれの
ただいま23歳。

2190mini-20170121.jpg
吉田君 りくおと読みます

2191mini-20170121.jpg
優しそうですが芯の強さはお墨付き


大阪市のディープサウス、
住吉区は
安孫子の出身。
あびこ観音の門前町。
ラーメンの名店を始めとして
うまいも屋の立ち並ぶ
大阪の下町育ちです。

実はこの
吉田君、
前期26期生として
今の
勘昇、
玉征たちと共に
研修生となったのですが、
半年後の見極め審査で
残念ながら無念のリタイア。

しかしそこであきらめず
二年後の募集に再びの応募。
初志を貫きとおして
今期見事に修了という
頑張り屋さんです。

趣味はプロ野球観戦。
大阪の子ならば
即座に「阪神!」と
返って来るだろうと、
「贔屓のチームは」
と問うと
「特にありません」
との返事。

意外な顔をしていると
「近鉄ファンだったので」。
ああ、それで納得。

オリックスとのチーム統合で
今はもう無い近鉄バファローズ。
それでも近鉄に操を立て
他のチームに脇目は振らず。
ここにも一途さが垣間見えます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/23 21:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/907-ba3939e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |