後半戦に突入です「美しい緊張の舞台を」
ええっと、
何のお話でしたっけ。
いかんいかん、
ついつい入り込み過ぎて
質問を忘れてました(汗)。

そうそう床の三味線弾きは
舞台を見ているのか
いないのか。

私は門外漢ですので、
伊達、
十九、
呂、
咲、
津駒
そして前回の
千歳太夫と
様々な大夫さんと組んで
数多くこの場を勤めた
富助さんにお聞きしました。

「床でキョロキョロすると
まず見苦しいし
緊張もほどけてしまうので、
極力見ません。
人形遣いの足取りは
舞台稽古でほぼ
腹の中に入れて、
後は舞台から伝わって来る
気配を頼りに様子を探り、
最後の弾き出しの
きっかけだけは
ほんの一瞬目の隅で
確認しているけど
お客様には分からない筈。
舞台に顔を向けて待つ
などという事は
考えられません」

との事でした。

これは
その後のお芝居で
石堂右馬丞が
検視の場から
立ち去る時など、
待ち合わせから語り出す
太夫さんも同じこと。

以前舞台稽古で
ついつい舞台に顔を向け
人形のきっかけを待つ
若い太夫さんが
住師匠から
「舞台見たらアカン!」
とキツイお叱りを
受けていたのを
思い出します。

そしてこの
責任の一端は
我々人形遣いにもある事。

舞台から伝わる気、
とでも呼ぶ物を
漂わす芸力があれば
おのずとその気配は
床に伝わるに違いない。

三業が
切磋琢磨して
美しい緊張の舞台を
作り上げていかねば
と思います。

ブルーベルさん。
お尋ね戴き有難うございました。
こんな素敵なご質問を
まだまだどしどし
募集中。

書ける時には
お答えします。
(しつこい!)

さていよいよ後半戦。

日もまだ短くこの寒波。
さすがに夜の部は
少々苦戦中。

お染久松の物語。
今月夜の部は
通し上演で
グッとストーリーも
分かりやすく。

また終演は午後8時と
通常より
早めてございます。

東京、大阪全ての本公演に
大入りが出るという
素晴らしい成果を上げた昨年。

年改まった本年も
続けて
その願いが叶いますよう
変わらぬご後援を
宜しくお願い申し上げます。

皆様劇場でお目に掛かります。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/19 21:47] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/903-ac091a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |