今回は、「一途」と言う所を大切に、勤めたいと思っています。
ようやく秋らしくなったかと思ったら、
季節外れの台風。
全く、いつまでも落ち着きません。
それでも、夏の暑さと、秋の長雨で、
今年の紅葉は見事だとか。
野菜は高いが、
松茸は豊作!
とも聞きました。
皆さんのお口には、入りましたでしょうか。

そんな中、
大阪公演が初日を迎えました。
本日、台風通過中にも関わらず、
たくさんのお客様に、お越しいただきました。
ありがとうございました。

今公演、一部は
「嬢景清八嶋日記」と「近頃河原の達引」
二部は
「一谷嫩軍記」に「伊達娘恋緋鹿子」
を上演致します。
私は一部で、
景清の娘、糸滝、
二部では、
八百屋お七を遣います。

糸滝は純朴、素朴な娘。
まだ見ぬ父に会いたい、という一心で、
我が身を廓に売って、父のもとに向かいます。

お七は大店の娘。
親の意見も、耳には入らず、
ただ一途に、
恋人の事を思い詰め、
炎の様に、火の見櫓に取り付きます。

同じ娘役とは言え、性格は大きく違って見えます。
しかし、一途、という点で、
二人の思いに、変わりはありません。
それぞれの、個性の違いは大切にしながらも、
今回は、この「一途」と言う所を大切に、
勤めたいと思っています。

さて、一部上演の、
堀川猿回しの段では、
その名の通り、二体のお猿さんが登場致します。
お芝居の終盤、猿回しの場面で大活躍のこのお猿。
実はこれまで遣ってきたのは、本公演に限ると、
紋壽、勘十郎、勘緑、勘市と、
わずか四人だけなのです。

男の子です
↑男の子です。盃をかぶっています。

基本的に指人形ですが、
左右に一体ずつ持ち、
それぞれに、違う動きをしなければなりません。
器用で無いと、とてもとても。
お酒を飲んだり、盃を頭に載せたり、
喧嘩したかと思うと、キスしてみたり。
リズミカルに、軽やかに、明るく楽しく。

女の子です
↑女の子です。実は今回から、かしらも新しくなりました。

その猿の無邪気な姿に、
死出の旅立ちを見送る、母、兄の悲しみが浮き出て、
笑いながら、涙がこみ上げてくる。
そんなお猿さんファン、
たくさんいらっしゃる事と思います。

その大役(?)に、今回
文哉君が、挑む事になりました。
稽古、初日を見た限りでは、
初役にしては、
なかなか健闘しておりました。

文哉君です
↑文哉君です。蛸に続いての登場。動物路線でしょうか?

微妙な高さで持つ為、
腰に負担のかかるこの猿。
持病の腰痛もものかは、頑張っております。
錚々たる先輩に、どこまで近付けるか。
皆様、温かく見守って戴けますように。

今月も、
文楽を、どうぞよろしく
お願い申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/10/30 21:34] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/90-547753c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |