スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
後半戦に突入です「思いを汲んで」
前回の組み合わせ、
実は盲目の役柄でも
年齢のずっと若い
「生写朝顔話」の朝顔が
着ている衣裳そのまま。

やはり袖萩が着るには
少し若さが立っている様に
感じます。

公演前このお願いをしてみると
衣裳部の方で少しためらいが
ありました。

それは紫の昼夜帯。

きっと舞台を
御覧のお客様には
気付かれないだろう
と思いますが、
この帯
実は
相当の年代物。

2178mini-20170117.jpg
なかなか粋な帯ですが

2174mini-20170117.jpg
この様にすり切れて

2175mini-20170117.jpg
帯芯が見えています


近くで見ると
この様に
帯芯が見えるまで
黒繻子が擦り切れて
いたのです。

瞽女唄と三味線で
儚い命を繋ぐ所まで
身を落とした
袖萩には
似つかわしい帯かとも
思いますが、
そこはそれ古物は
決して使わない
文楽の衣裳部。

倉庫の隅に眠っていた
この帯を
世に出すのは
如何な物かと
きっと随分
悩まれた事だろうと
思いますが
こちらの思いを汲んで
快く承知してくれました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/01/18 20:30] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/899-48248932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。