今年も有難うございました「有難うございました」
さてこちら
文楽劇場では
新春初春公演を
目前に控えて
準備万端怠りなし。

2070MINI-201601205.jpg
劇場前の桜も冬の装い

2059MINI-201601205.jpg
劇場内は初春の香り

2066MINI-201601205.jpg
来年も10日にございますよ

2067MINI-201601205.jpg
さて誰が乗るのでしょう

2057MINI-201601205.jpg
おや、こんな子が

2058MINI-201601205.jpg
くまどりんと申します


年明けの公演のお稽古を
年内28日までに済ませますと
あとは初日を待つばかり。

2032MINI-201601205.jpg
こちら式三番

2063MINI-201601205.jpg
妹背門松 稽古は基本黒衣、頭巾無しで行います

2040MINI-201601205.jpg
そして御存じ狐火の段

2041MINI-201601205.jpg
さあ早替わりの準備

2043MINI-201601205.jpg
替わりますぞ

2044MINI-201601205.jpg
そーら替わった

2049MINI-201601205.jpg
狐も登場

2055MINI-201601205.jpg
本番をお楽しみに


オリンピックイヤーとなった
今年一年を振り返ると
国内では
熊本地震、舛添都知事辞職、
海外では
イギリスのEUからの離脱
トランプ氏の大統領選勝利など
様々に揺れた
一年でしたが、
文楽に関しては
文雀師匠が
亡くなるという
悲しい出来事は
あった物の
比較的穏やかな
年だったように
感じます。

その中で
やはり一番
嬉しかったのは
本公演全てに
大入り袋が
配られた事。
来年も変わらず
この流れを更に更に
と願っています。

個人的には
三十年来ずっと
変わる事無く
可愛がって下さった
大切なお客様と、
文楽が大好きで
床本のメモ欄には
気がついた事を
びっしり書き込み
キラキラした目で
舞台を見ていた
まだまだ若い
お客様のお二人が
驚くほど急に
亡くなってしまわれた事。
人の世の儚さを
思い知らされました。

ただ私が秋口から
自分なりに手応えを
感じる舞台が
続いているのは
お二人が見守って
そっと背中を
押して下さって
いるに違いないと
強く感じて
深く感謝の
毎日です。

例年にも増して
はらほろひれはれ
へろへろと
低空飛行で
やって参りました
このブログ。
今年もここまで
お読み戴き
有難うございました。

元々文楽好きの皆様が
何か疑問に思われた事に
分かる範囲で
お答えしようと
始まったこのブログ。
ご質問など御座いましたら
欄外のメールフォームまで。
書ける時には
お答えします。
(何ちゅう奴ちゃ!)
皆様どうぞ良いお年を。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/31 16:56] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/894-95162ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |