スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
12月東京公演開幕致しました!「熱の籠ったお芝居を」
まあ私が
入門した頃の国立劇場は
通しが中心。

後世に残す為と
復活した段も数多く、
忘れもしない昭和47年の
「菅原伝授」の通しなどは
幕が閉まれば10時過ぎ。

そんな公演が
日常茶飯、
当たり前の事でした。

こんな苦行(!?)の公演を
楽しく御覧戴く
その秘訣は、
「眠くなったら無理しない」
これに尽きます。

チケット発売開始日に
大変な御苦労を戴き
やっと手にした入場券。

何の眠っていらりょうか、
というお気持ちは
痛いほど分かりますが、
無理をすればするほど
肝心かなめクライマックス
大事な場面で
「あ、意識が・・・」。

フッと瞼に重さを感じた時
ちょっと目を閉じ
義太夫の
心地よさに身を委ねると
アーラ不思議。
ここぞ!という所で
自然とお目々がパッチリと。

お芝居は
山あり谷あり。
何ともうまく拵えてあります。

五段目
「山崎街道」もかの
仲蔵が出るまでは
「弁当場」と呼ばれて
いたのですから。

通しに限らず
上演時間の長い
文楽を楽しむ
極意は
まどろむ事にあり。

騙されたと思って
皆様一度お試しを。
あ、ただ
イビキだけは
どうぞご勘弁を。

御覧戴くお客様と
作り上げる我々の舞台。
熱の籠ったお芝居を
お楽しみ戴ける様
気を引き締めて
楽日まで
精一杯勤めます。

皆様どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/09 16:16] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/890-1e2d66ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。