スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
大阪錦秋文楽公演御礼「総力戦に挑みます」
怪我といえば
勘介君
鈴ヶ森が終わった所で
大道具が足に乗っかって
「痛ーあ。めっちゃ痛いです」
と言っておりましたが、
病院で調べたら
見事に親指がポッキリ。
そりゃ痛い筈。

それでも
「休んだら?」
という我々の声をよそに
片足引きずりながらも
ひと公演勤め上げ、
後半は
勧進帳で
片岡八郎も
遣い切りました。

御覧戴いたお客様で
足の不調に
気付かれた方は
おそらく無かったのでは。
立派なプロ根性です。

そしてここにまた
もう一人の
犠牲者(?)が。

今回
義経の足を
遣ってくれた
簑之君は
マイコプラズマという
たちの悪い肺炎で
9月東京公演を
まるまる休演する
という事になりました。

そのあとしっかりと
養生の甲斐あって
めでたく
この公演で
復活を成し遂げた、

とここまでは
良かったのですが、
未だに空咳が止まず
病院に行った所
レントゲンを見た
お医者様がひと言。
「ああ、折れてますね」。

咳の強さに耐えかねて
こちらの方も
肋骨が一本、
それは見事に
折れていたとか。

そんな風でも
彼もまた
ひと公演を勤めると
翌日には地元
飯田で
お仕事とか。
若さ、でしょうかねぇ。

そんなこんなで
あちこちで
病人ケガ人の絶えない
公演とはなりましたが、
こうして無事(ではないか)
千秋楽を迎えさせて
戴きました。

そして向かうは
東京公演。
50周年記念の節目。
通し狂言「忠臣蔵」が
我々を待ちうけております。

各人各々精進潔斎、
しっかり体調整えて
総力戦に挑みます。
討ち入り月の忠臣蔵、
皆様どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/11/26 09:09] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/887-8a6f9a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。