スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
大阪錦秋文楽公演御礼「勘次郎、ありがとう!」
鈴ヶ森は
荒縄に縛られ
刑場に引き出される場面。

1713-201601122.jpg
こちらは鈴ヶ森のお駒

1715-201601122.jpg
処刑の場に向かう為白襟です


「片手で人形を遣うのは
大変そうですね」
と何人かのお客様から
言って戴きましたが、
以前遣った雪姫と比べると
時間も短く衣裳も軽く
ずいぶん楽に感じます。

殊に雪姫は
全くの独り舞台。
お客様の全ての目が
自分に一人に
注がれていると思うと、
精神的な重さも
格段に違う物です。

1719-201601122.jpg
髪に掛ける手絡(てがら)もお嬢様の城木屋では鹿の子絞り

1717-201601122.jpg
罪人になった鈴ヶ森ではワラを使います


片手遣いの
その時は
人形の形を決めるのに
足遣いの役割が
とっても大切。

今回足を遣ってくれた
和テイスト醤油顔の
イケメン勘次郎君には
ずいぶん助けて貰いました。
勘次郎、ありがとう!

「お駒の
簡単な縛り方」は
こちら に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/11/24 10:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/884-c2f6393a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。