夏休み公演御礼と錦秋公演配役「またまた嬉しい」
二部名作劇場、
今年は涼やかに
祟り、妖刀と
怪談めいた芝居を
取り上げましたが、
そこはやっぱり
浄瑠璃の世界。

累のいじらしさ、
与右衛門の妻を思う
深い愛情を
感じて戴けた
様に思います。

こちらは、
たっぷり
4時間半。

続く三部は
7時開演。
上演時間は一時間。
いつもにない
企画でしたが
幸いお客様の
反応は上々。

仕込んだオチが
事前に分からぬ様、
今回字幕は使用せず
ご覧戴きましたが、
皆様良く笑って下さって
こちらも
ホッと安心。

客席の冷え切った
喜劇ほど辛い物は
ありませんからねぇ。

そして今回も
またまた嬉しい
大入り袋。

1399-20160812.jpg
ありがとうございました!

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/08/13 16:34] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/874-d5089a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |