人形遣い若手コンビの玉彦君と勘介君。(千秋楽御礼其の二)
さて、また登場してもらったのは、
人形遣い若手コンビの、
玉彦君と勘介君。

勘介君、
今月は「鰯売」で、師匠(勘十郎)の猿源氏を背に乗せて、
お馬さんを被っておりました。
気性の荒い馬、という所を彼なりに考えて、
色々細かい芝居もしていた様子。
「あの馬、可愛かったですねぇ」という声を、
何人ものお客様から、聞きました。

左から勘介君と玉彦君
↑お馬さんを囲んで、左から勘介君と玉彦君。

玉彦君はと言うと、
活躍したのは、
夜の部、「桂川」の道行。
浅黄幕が落ちて、お半が長右衛門の背から降りると、
吠えかかる野良犬、あの吠え声が彼の担当。
たまたまある日、楽屋裏で電話していたら、
けたたましい犬の吠え声。
「劇場の近くで珍しいな」と目を凝らすと、
お稽古中の玉彦君。
すっかり騙されましたが、
いやいや、なかなか大した出来。

そういえば、
玉彦君の師匠の玉也さんも、
昔よくこの鳴き声を勤めて、
評判を取っていました。
やはり師匠直伝でしょうか(まさかねぇ)。
勿論二人とも、
動物だけではありません。
足も頑張っていますし、
今回、桜ノ宮の段では、ツメ人形ながら、
文雀師匠の渚の方に絡んで、仕所のある、
里の子を遣って、大奮闘でした。
二人のこれからの成長に、
変わらぬご声援を、お願い申し上げます。

頑張った里の子です
↑頑張った里の子です。

私はこの後、
24、5日が知立で、ダンスとのコラボ公演、
26日からは秋の巡業で、
太郎冠者を遣い、
全国を回ります。

やっと秋らしく、
過ごし易くなって参りました。
各地の舞台で、皆様にお目にかかれますように。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/09/22 09:14] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/87-2d0fd7c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |