秋の地方公演「二枚目ふた役を」
今回の狂言立ては
地方公演には珍しく
昼夜共に一本ずつ。

「金殿」や「猿廻し」
というお馴染みの段も、
その前の場から
御覧戴く事で、
登場人物の関係、
お芝居の内容が
更に良く分かり、
いつもに増して
三倍五倍、
より良くお楽しみ
戴ける事疑いなし。

私は今回
昼夜に
二枚目ふた役を。

昼の部の求馬では
勘十郎さんのお三輪に
勘彌君の橘姫と、
先月
大阪公演で
共演したばかりの
お二人との男ぶり。

夜の部
伝兵衛は
今回が初役。

おしゅん伝兵衛の
悲劇の発端となる
四条河原からの上演。

しっかり
勉強し直して
精一杯勤めます。

今年もお近くに
文楽が参ります。
皆様のお越しを
心よりお待ち
申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/05/13 10:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/866-97a74758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |