スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2月公演御礼「立錐の余地も無く」
そんな中でも
変わらずお越し戴いた
皆様のお蔭で
ふた月続きの
嬉しい大入り。

有難うございました。

0720-160301.jpg
有難うございました

第2部の舞台では
先月から引き続いての
引退披露。

嶋大夫師匠の
浄瑠璃も
いよいよ
これが
聞き納め。

初日から連日
立錐の余地も無く
詰めかけたお客様。

開演前の口上では
楽日に近付くにつれ
客席からの拍手は
日を追うごとに
その長さを増し、
そして迎えた
千秋楽。

寛太郎君の
曲弾きにも
鉄ヶ嶽関の
琴バウアーにも(?)
温かな声援が送られて
お名残り惜しい
幕締め。

上演後には
寛治師匠
簑助師匠と共に
劇場理事長も加わっての
花束贈呈。

鳴り止まぬ
拍手の中
簑助師匠の遣われる
おとわの人形と
嶋師匠が舞台上で
熱い抱擁を
交わしました。

最後の舞台を終え
楽屋に戻られた
師匠のお顔には
すっきりとした
穏やかな笑みが。

本当にお疲れ様でした。

教え上手な
嶋師匠。
日頃から
一門のみならず
若いお弟子さんから
お稽古のお願いが
引きも切らず。

この先も変わらず
御健康を保たれて
後進の指導に
力を尽くして
下さいます様に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/03/03 10:52] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/853-821837c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。