2月公演御礼「盆と正月が」
今年は
4年に一度の
オリンピックイヤー。

うるう年という事で
例年よりは
一日多いとは申せ、
二月は逃げる
という言葉通り
アッという間の
ひと月。

東京二月公演
千秋楽
となりました。

0714-160301.jpg
初日も満員

0730-160301.jpg
楽日も満員


いつも寒い、寒いを
連発するこの公演。
今やお馴染み
劇場前庭の
梅の花は
甘い香りを
漂わせてはいた物の

0724-160301.jpg
おなじみ前庭の梅

0686-160301.jpg
紅梅も

0687-160301.jpg
白梅も良い香りでした

0726-160301.jpg
こちらはマンサク

0728-160301.jpg

0729-160301.jpg
こんな花だったのですね


コートの襟を立て
肩をすぼめて
お帰りになる
初日のお客様を
眺めながら
一昨年の様な
大雪を案じておりました。

ところが
公演中盤に
差し掛かかると
突然春を通り越して
初夏の陽気。

それがまた翌日には
一気に冬に逆戻り。
木枯らしに続く春一番。
盆と正月が一緒に
来た様な(違うか)
体に堪える
気温の上下。

豊松清十郎


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/03/02 23:40] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/852-75afc80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |