スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
5月公演「B班のお初を」
さて鑑賞教室で
御覧戴きますのは
近松世話物の
第一作
「曽根崎心中」。

シンプルな
筋立てに
お初徳兵衛が
心中に向かう
道行の美しさ。
文楽は初めて
と言う方には
これ以上はない
打ってつけの演目。

実演を交えた
丁寧な「解説」も付いて
入場料もグッとお安く。

仲の良いお友達に
文楽の魅力を伝えたい
と言うお客様、
是非この機会を
お見逃しなく。

私はB班の
お初を
勤めます。
徳兵衛は
玉男さん。
初めての方に
「また見てみたい」
と思って戴ける様に
頑張ります。

お勤めの皆様には今年も
18時半開演の
「社会人のための
文楽鑑賞教室」が
開催されます。

学生団体主体の為
売り切れる事の多い
昼間の公演に比べると
見やすいお席を
お取り戴ける筈。

また今年から
初めての
試みとして
千秋楽23日に
「外国人のための
文楽鑑賞教室」
がスタート。

解説のご案内役は
山形弁でお馴染みの
ダニエル・カールさん。

英語、
日本語に加えて
中国、韓国語の
イヤホンガイドが
無料で付いて参ります。

もちろん
日本の方にも
ご入場戴けます。

文楽見ながら
語学に親しむ。
二倍お得な(?)
このチャンス。
こちらも
どうぞ
お見逃しなく。

本公演には
こちらもお馴染み
「絵本太功記」を。

みどり狂言でも
上演される事の多い
「十段目」に加えて
今回は
「本能寺」そして
「妙心寺」
の各段も上演致します。

図らずも主君を
討ち取る事となった
光秀の苦悩と葛藤。
その運命に翻弄される
一家の人々。

全段通してでないと
上演される事の少ない
これらの場から
御覧戴く事で、
光秀とそれを取り巻く
人々の思いが
より深く心に
迫って来る事と
思います。

初夏の陽気も
感じられる
5月の公演。
皆様どうぞ
お出掛けを。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/02/21 11:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/851-f625723c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。