スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
12月公演「御案内」
毎年学生さん対象の
文楽鑑賞教室と
若手を主体にした
本公演の二本立てで
お送りする12月公演。

今年の教室公演は
初春の廓の風情
「二人禿」と
母となった柳の精と
みどり丸の悲しい別れ
「三十三間堂棟由来」
を上演致します。

やなぎとも呼ばれる
「棟由来」。
今回はお柳と平太郎の
馴れ初めの場
「鷹狩」から上演致します。

初心者の方にも
とても
御覧戴きやすい
狂言立てで、
三業解説もあり、
リーズナブルな
価格設定。

毎年人気の
教室公演ですが、
学生団体主体の為
もう既に売り切れの
回もございます。

それでも是非見たい、
文楽デビューの
お友達を
お連れしたい!
という方の為には
夜6時半開演の
「社会人の為の
鑑賞教室」が
設けられております。
お仕事帰りに
是非お立ち寄りください。

本公演の演目は
「奥州安達原」と
「紅葉狩」の二本立て。

若手中心と言う事で
ほとんどが皆
初役。
そのフレッシュな
顔ぶれの中で
私も袖萩を初役で
遣わせて戴きます。

床の太夫、三味線も
通常の公演に無い
新鮮な組み合わせ。

日暮れの早い
12月。
お帰りをご心配の
お客様も多いかと
思いますが、
今年は
17時と共に
14時開演の日も
グッと増えました。

配役にも書きましたが、
上演日によって
開演のお時間が
変わりますので、
どうぞ、
お間違いの
御座いません様に。

今年の本公演
締めくくりの
12月東京公演。
何かとお忙しい師走
では御座いますが
変わらぬ御来場を
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/22 22:13] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/833-49290bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。