夏の祇園へ・6「内子座へと向かいます」
「文楽さん、お客様
いらっしゃいませんので
お帰り戴いて結構です」。
係員のお言葉に
「やった、これで特急一本
早く帰れる!」
と兄さん方と大喜び。

特急座席で
ビールで乾杯!
なんて事も一年に
二度や三度は
ございました。

季節を問わず賑わいの
今のギオンコーナーからは
想像もつきませんが。

元々外国観光客に
日本の芸能をコンパクトに
見て戴こうと始めた為、
かの地の慣習に習い
ディナータイムのその後でと、
8時、9時に設定された
コーナーの開演時間。

見物客に日本の方が
増えるにつれて
今では早まり
6時と7時。
時には
大阪の本公演組より
早く帰宅、
という事も。
やっぱり今が一番、
いい世の中になりました
(なんじゃ、そりゃ)。

繁盛するのは良いけれど
ほんの僅かの
入替時間。
出ていく人と入る人。
勝手の分からぬ方も多く
本日も大混雑の末、
開演は8分押し。

※押し
開演時間などが遅れる事。
早まっても、「引き」とは申しません。

8850-150818.jpg
2回目に並ぶこの列

8852-150818.jpg
ありがとうございます!


いかんいかん、
これでは特急が
一本遅れる。

気が焦っても
コーナーは
人が回らず
床はテープ。
早める訳にもいきません。

舞台はねると
5分押し。
いつもはゆっくり帰る道、
メタボの身体にムチ打って
人で溢れる表通りをよけ
裏道走って
ようやく四条。

いつもの特急に汗びっしょりで
ぎりぎりセーフ。
「やったぁ!」
・・・って頑張らんでも
今は10時までに帰れるんでした。

コーナー終わって
今日はお休み。
ぶらっと出かけた
大和川の堤防に
おや?
あれはトンボか
アキアカネ。

さすがは立秋。
季節はそれと分からぬ内に
秋に向かっている様子。
と、イヤイヤ
油断はできません。
まだまだ気の抜けない
暑さは続く筈。
皆様どうぞくれぐれも
お体には気をつけて。

お盆の
休みを戴いて
内子座へと向かいます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/08/25 13:55] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/827-13cf22b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |