よなべ公演東へ西へ・6「よなべは時間との」
しかし
常日頃とは
勝手の違う分
仕込みにも時間が
掛かります。

本公演とは違い、
よなべは
時間との戦い。

開演時間は刻一刻と迫り
やらねばならぬ事は
まだまだ山ほど。

入場を待つお客様が
長い列を作り、
開場を早めたい
主催者の皆さんとの
緊張のやり取りが続きます。

舞台稽古もそこそこに
どうにか定刻の12時半
開場にこぎつけました。

こういう時に改めて
たっぷりと
時間の取れる
本公演の有り難さが
身に沁みます。

本舞台での毎日を
普段から疎かにせず、
しっかりと
地力をつける
積み重ねの大切さに
気付かせてくれるのも
よなべの舞台です。

開演を控えての
慌ただしい時間の中、
お弁当が届きます。

「もう食べる間なんか
あれへんがな」と言いながら
包みを開いて
「ウホホホー」
と一同大歓声。

8229-150712.jpg
ム?これは期待できそう

8232-150712.jpg
ヒャー仙台の海の幸がふんだんに

8234-150712.jpg
こちらは北寄めし

8236-150712.jpg
お品書きまでついてます


これも(ぞ?)
よなべの
お楽しみ。
これが食べずに
いらりょうか、と
いったいどこに
消えたやら。

あっという間に
胃の腑に収めて
さあ開演。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/15 19:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/801-39bb6c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |