オロチや狐の出来栄えにも、目を止めて戴きます様に。
願っていた通り、公演初日に梅雨が明け、
スカッと開幕、と喜んでおりましたが、
いやぁ、暑い暑い!
梅雨明け十日、とは言う物の、
今年の暑さはまた別物、
ポケーっとしている内に、
すっかり御無沙汰してしまいました。

私は少々暑気あたり気味でも、
公演の方は、たくさんのお客様に、
御覧いただいております。
「キツネさん達が可愛らしい」、
「大阪の夏は、やっぱり夏祭、
地車囃子に、男伊達が堪りません」
など、各部様々な声を戴く中、
三部レイトショーで上演中の、
今回初お目見え、「日本振袖始」にも、
色々評判を、頂戴しております。
「立ち回りが迫力満点」
「岩長姫の妖しさが素敵」
などとおほめの声と共に、
「期待していた程では…」
という厳しい御感想も。
是非たくさんのお客様に、御覧戴きたい、
と願っておりますが、
今日はそこで活躍中、
ヤマタノオロチのお話しをちょっと。

オロチ作りのはじまり
↑オロチ作りのはじまり、はじまりぃ。

根気のいる作業です
↑根気のいる作業です。

今回、大蛇は八つの首を、
一人、一つずつ人形遣いが持って遣います。
結構な重さがあり、高さも出さねばならぬ為、
全員背伸びして、大汗たらたらです。
この大蛇、こんなに大きくても、
小道具なのです。

地下の駐車場で吹き付け塗装
↑地下の駐車場を、ビニールで囲って、吹き付け塗装。

これは廊下です
↑これは廊下です。すっかり仕事場。

元々、文楽の小道具係りは、
小道具を出したり、仕舞ったり、
管理するのがお仕事。
ですから、小道具を作るのは、
本来の仕事ではありませんでした。
しかし今の小道具チームは、
全員物作りが大好き。
新調する小道具を、外注に出さず、
納得いくまで、コツコツ手作り。
材料も廃材など使って、
極力安上がりに。

何と言っても、遣い手の意見を、
直接汲み取って貰えるのが、
有り難いのです。
昔は小道具が出来てきて、
人形のサイズに合わないとか、
使い勝手が悪すぎるなどと言う事は、
日常茶飯の事でしたから。
その小道具係三人が、
ヤマタノオロチも作り上げました。

怖い顔ですねぇ
↑怖い顔ですねぇ。

出来てきました
↑出来てきました。

6月の鑑賞教室から、
通常業務の傍らの、作成。
劇場には工房など無い為、
小道具を収納する、狭い部屋では収まらず、
廊下や、舞台袖、地下の駐車場まで、
劇場の空きスペースを活用して、
寝る間も惜しんでの作業、良く頑張ってくれました。

いよいよ完成
↑いよいよ完成。勿論他に四兄弟がいます。

森永さん、久我さん、天野さんの三名。
顔写真は、「裏方ですから」と、
奥ゆかしく断られました。

今回は、一部に登場する狐たちも、
全部新しくなっての登場。
これも、勿論三人の力作です。
今回の公演は、舞台と共に、
オロチや狐の出来栄えにも、
目を止めて戴きます様に。
御来場、お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:文楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/07/24 10:53] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/80-07f9c056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |