5月東京公演御礼「衣裳に大きな違いが」
さて次回9月の東京で
私の遣いますのは
「鎌倉三代記」の時姫。

図らずも続けてまた
「三姫」のひと役を
戴く事になりました。

赤い地紋の綸子に
絢爛豪華な
縫い取りを
ふんだんに
施した振袖。

この染色から
おしなべて
「赤姫」とも
呼ばれていますが、
さてここで
皆様に私から
クエスチョン。

今回の雪姫と
次回の時姫で
衣裳に大きな
違いがあります。
それはいったい
何でしょう?
正解は
(早っ)
帯の色。

7475-150529.jpg
お分かりでした?

雪姫で使った黒帯が
時姫では白帯に
変わります。

その理由は
役々の
家柄の格。

黒帯より
白帯の方が
格が高いとされています。

たとえば三姫の内
八重垣姫は
上杉謙信の娘、
そして時姫は
北条時政つまりは
徳川家康の娘、
共に
大名家の
生まれです。

それに引きかえ
雪姫は名家とはいえ
絵師の娘。

先の二人の姫様とは
身分違いという事で、
締める帯が変わります。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/05 15:55] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/782-ff4ae259
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |