スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
文楽9月公演ご案内「文楽、歌舞伎と」
昼の部
最後は
「伊勢音頭恋寝刃」。

名刀青江下坂を
探し求める
福岡貢が
刀の持つ妖しげな
力に導かれる様に
次々と廓の人々を
手に掛けます。

和生さんの貢は
今回
初めて。

恋人の
お紺には
簑助師匠。

何とも厭味な
仲居万野には
勘十郎さん。
こちらも
初役ですが、
きっと遣ってみたいと
思っていた役の筈。
どんな工夫を
見せてくれますでしょう。

お紺の愛想尽かしに
次第に
激昂する貢。
殺しの場面は
文楽らしく
凄惨な場ながらも
おかしみたっぷり。

本来夏狂言ながら
まだまだ暑い
9月の東京。
すっきり暑気を払って
お帰り戴けます。

翌10月には
歌舞伎でも
同演目を
大劇場で上演。
文楽、歌舞伎と
見比べてみては
如何でしょうか。

豊松清十郎
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/05/26 19:51] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/774-026c0753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。