スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
楽日ご挨拶・6「素晴らしいのは使い勝手」
さてそれでは
写真も交えて
もう少し
細かく御覧
戴きましょう。

人形遣いが作っただけに
形も良いのですが
素晴らしいのは使い勝手。

この猿の手は
かきつばたと呼ばれる
親指と他四本の指が
別々に動く手に
手首の動きを加えたもの。

7202-150430.jpg
こちらが猿つばた(?)

7217-150430.jpg
こんな風に

7218-150430_20150502150221d23.jpg
動きます


この仕掛けが
絶妙で
体を掻いても
人を招いても
無理なく自然に
猿らしい仕種が
生まれます。

7215-150430.jpg
体を掻いても

7214-150430.jpg
首筋掻いても

7216-150430.jpg
頭に載せてもやっぱりサル!


足の方には
足金という
持つ部分の上に
小さな
レバーを付け、
これを引くと
足首が動きます。

7239-150430.jpg
L字型の物が足金

7230-150430.jpg
足首動いているのが

7231-150430.jpg
分っかるかなぁ?


手足やかしらに
張ってある縮緬も
家にあった布を
自分で染めた
兄さんの手作り。

7204-150430.jpg
景清のかしらも縮緬張りです

猿の毛皮も布地屋さんで
ぬいぐるみ用の生地を買い、
自分で縫ったハンドメイド。

そう言えば
兄さん
ミシン踏めます(死語)もんね。

三十年も昔の話、
草野球の試合の時
お揃いのデザインの
ユニフォームを
パジャマで作って、
お嬢さんに着せ
連れて来てました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/05/03 19:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/761-12bd6fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。