新人さんいらっしゃ~い「勘昇君、素直さも魅力」
師匠を選んだ
決め手は?
との質問に、

「始め三味線
志望でしたが、
人形に志望を
変えた動機が、
勘十郎師匠の
舞台でした。
入門先は師匠しか
考えられません」
との言葉。
その意気やよし!!
(しつこい)

勘次郎、
勘介、
両兄弟子のいる
部屋の雰囲気は
明るくて
楽しく、
色々考えて
教えて下さるので
有難いとの事。

二年間の研修での
私の印象は、
けして器用な
タイプでは
ないけれど、
課題にじっくり
取り組んで、
中途半端には
投げ出さない。

言われた事は
次の日までに、
直らぬまでも
何とかしようと、
努力した跡が
ありありと。

右だと言えば
「も、もうええで」
と言うまで、
とにかく先ずは
右を向き続ける
その素直さも魅力。

この先死ぬまで
じっくり
取り組める
文楽の世界は、
きっと世間の
どこよりも
勘昇君向きでは。

勘昇君の
益々の精進を
期待しています。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/04/19 13:54] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/748-48e222ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |