にっぽん文楽 in 六本木ヒルズ・6「赤坂サカス文楽」
さてこの六本木、
終われば続いて
間を開けず、
お隣のこれも
名にし負う赤坂で
もう一つ新しい試みの
舞台が待っております。
これぞ
「赤坂サカス文楽」。

TBS放送センター正面の
赤坂ACTシアターで
開催されるこの公演。
雨天中止は御座いませんので
御安心を。

詳しい事はこちら

この舞台の
目玉と言えば
何と言っても
お能と
文楽の共演。

「翁」を能楽師が勤め
その後狂言師が演じる
「三番叟」を我々
文楽で演じてみようという
初の試みです。

「本行(ほんぎょう)」と言い
文楽、
歌舞伎にとっては
父とも兄とも
敬慕すべきお能。

恥かしながら
知識の乏しい私は
知りませんでしたが、
今回上演する
「翁」は
能楽師にとって
大曲中の大曲。

昔は演ずる前
十五日間は
精進潔斎、
「別火(べっか)」と言って
家族の物とは
煮炊きの火も別にして、
舞台に臨んだとか。

流石に近年は
そこまではせず
前日だけに
留めておられるそうですが、
演じる日の朝から
演じ終えるまでは
女性と
目を合わせてはならぬ、
という厳しい
決まり事が
今でも守られています。

そこへ行くと文楽の
「二人三番叟」は
とってもお気楽。
(良い意味でですよ)
途中に滑稽な
仕種もたっぷり、
演者も観客も
一体となって
楽しく楽しく演じます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/23 11:24] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/722-4bc9a4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |