2月公演御礼・5「どうぞ皆様文楽へ」
最後にもう一つ
私からの
オマケ。

楼門で錦祥女が
父の姿を
手鏡に映し、
昔の絵図と見比べて
確かに父と
喜ぶ場面、
手鏡に老一官の
姿が映ると
お客様から
微かな笑いが
漏れました。

あの仕掛け、
お分かりでしょうが
写真でじっくり。

6523-150307.jpg
種も仕掛けもある鏡
(因みに手タレは玉彦君です)

6535-150307.jpg
この部分を引きますと

6524-150307.jpg
父の姿がありありと

6530-150307.jpg
連続写真で。あ、それ

6531-150307.jpg
パッ

6534-150307.jpg
タンと


現代の液晶
などを使えば
どの様にでも
見せられる
この鏡ですが、
錦祥女が鏡を
見つめたその時の、
あの「パタン」
という音。

緊張の客席に
一瞬訪れる
いい感じの脱力感。

デジタル全盛の
この世の中で、
アナログ感
たっぷり、
古の芝居の世界を
彷彿とさせてくれる
この仕掛け。

あれがいいんだなぁー。
(しみじみ)
私、大好きです。

ついでにこちらも。

6506-150307.jpg
二十年前は若かった

6508-150307.jpg
未だ蝦夷地はございません


東京から帰って
ちょっと一息
の私と違い、
3月7日の
広島を皮切りに
28日四日市まで
全国14都市での
春の巡業は
始まっております。

そして私も
御案内の通り
19日から22日までは
六本木ヒルズのアリーナで
「日高川」の清姫。

続く、24日から27日までは
赤坂ACTシアターでの
「赤坂サカス文楽」。
三番叟と「壺坂」の
お里を勤めます。

関東地方の巡業は
15日
牛久市まで。
余裕で掛け持ち
して戴けます。

いよいよ暖かさも増し
南ではそろそろ
桜の便りも、という
三月弥生。
どうぞ皆様文楽へ。

座員一同
お待ち致して
おります。

6502-150307.jpg
ありがとうございました

6505-150307.jpg
お待ちしてまーす


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/09 19:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/716-65604c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |