スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
東京5月公演配役・3「一言も発しないのが」
そしてお待ちかね
二代目吉田玉男の
襲名披露口上。

歌舞伎や
落語などとは違って
襲名する
本人はただ
平伏するのみ。
一言も発しないのが
文楽流です。

お披露目の狂言は
「熊谷陣屋」。
若手の公演では勿論、
師匠亡きあと
本公演でも
熊谷を勤めた
新玉男さんですが、
今回の舞台は
感慨一入。

四月大阪と
同じ配役で
二ヵ月続きの
舞台に
挑みます。

夜の部は
時代物の大作
「金閣寺」から。
大作の名に
相応しく
舞台装置も
大掛かり。

迫上がりを
駆使して
三層の金閣寺が
小劇場の舞台に
現れます。

悪の色気に満ちた
大膳の悪辣ぶり。
大膳の難題に
即座に応える
東吉の頓知。

どの場面も
身飽きる事が
ありません。

今回私は雪姫。
三年前の四月以来
二度目となります。

前回の舞台、
縄に括られ
桜の花びらで
鼠を描く場面では
雪姫と共に
本人も
四苦八苦。

その時の経験を
思い起こして、
今回はもう少し
それらしい雪姫を
と心に誓っております。

スケールの
大きな
時代物の後は、
世話物の名作
「桂川連理柵」。

こちらでも先代が
素晴らしかった
長右衛門を
新玉男が勤め、
おさんに
和生、
お半に
勘十郎と
二人が並びます。

簑助師匠が、丁稚長吉で
顔を揃えるのが
ご馳走。

披露口上こそ
ありませんが、
こちらも言わば
裏ご披露狂言
とも言うべきもの。

どうか
夜の部も
御見逃しなき様に。

全体に
配役もグッと
若返り
フレッシュな陣容で
御覧戴く襲名公演。

青葉若葉の
皐月の
文楽。
皆様のお越しを
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/02 21:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/708-907ae9f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。