六本木で文楽を・2「飲みながら、食べながら、文楽」
これまでの公演に
新たな風を吹かせ
文楽の更なる
普及、発展をと、日本財団が
「にっぽん文楽プロジェクト」
を立ち上げたのが
昨年の8月。

東京オリンピックが
開催される
2020年まで
日本各地で
年2回公演を予定している
このプロジェクト。
今回はその
第1回目となります。

「飲みながら、食べながら、文楽」
をコンセプトにした
この公演は、
勿論上演中も
飲食は自由。

チケットと共に
大阪「大和屋三玄」の
特製弁当もご予約戴けます。

会場内では
神楽坂「紀の善」の
甘味や
選りすぐりの
純米酒も販売。

まさに
食べながら、
飲みながら、
古の昔の
芝居見物の
風情をお楽しみ
戴けます。

会場は皆様ご存じ
かの六本木ヒルズ。
高層ビルの立ち並ぶ中に
突如出現した
文楽の舞台。

宮大工20人が
組み上げるという
檜造りの舞台は
何と総工費が
一億円。

移動式のこの舞台
これから全国各地を
上演して回ります。

第一回目の
今回は
客席にも
檜の芳しい香りが
漂う事でしょう。

開演前の
ショートトークには
いずれ劣らぬ
文楽好きの
3人のゲストが登場。
さて
どんな話が
飛び出しますやら。

4月に師匠の名跡
「吉田玉男」襲名を
控える玉女さんにとって、
長い間慣れ親しんだ
「玉女」の名で
舞台を勤めるのは
これが最後になります。

屋外の公演で
雨天の場合は
中止という
何とも大胆な
プロデュース。

初めて尽くしの試みで
我々もまだ
どの様な公演になるのか
イメージが
出来ませんが
このドキドキ感を
お客様と共に
楽しめたら、と
思っています。

チケットの御購入や
今申し上げた
様々なお楽しみ、
詳しい事は
こちらのHPを
御覧下さい。
http://www.nipponbunraku.com/

秋には大阪で
第2回の開催も
予定している
この公演。
皆様に末永く
愛される催しになり
文楽を盛り上げる
大きなきっかけに
と願っています。

全国を回る
春巡業と共に、
このヒルズ公演も
どうぞ宜しくお願い
申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/01/11 09:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/679-b8821162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |