スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2月公演の配役・2「お馴染みの3部制」
寒いさむーい2月公演は
お馴染みの3部制で
御覧戴きます。

第1部はまず
「二人禿」から。
来たる平成27年
東京ではお目見え
となる舞台を、
愛らしい二人の禿が
華やかに舞い初めます。

以前にも書きましたが
この禿ちゃん達
姿に似合わず
なかなかの重さ。
グッとこらえて
涼しい顔で
見た目はあくまで
軽やかに。
紋臣、
簑紫郎の
頑張りにご注目ください。

続いては
「源平布引滝」。
このところ人気曲で
東京、
大阪と
あまり間を置かず
上演されています。
今回の注目は、
初役で挑む
勘十郎さんの
斎藤実盛。

長年、
玉男師匠が
勤められ、
玉女さんへと
受け継がれた
この実盛。
その遣いとは
また一味も
ふた味も違った
魅力を見せて
くれるに違いない
今回の実盛。
見逃せません。

第2部は
「花競四季寿」から。
床、
人形とも
大阪正月公演とは
一部配役を変えて
御覧戴きます。

お正月もお越しになる
というお客様には
是非見比べ、
聞き比べて戴くのも
楽しいかと。

芯の関寺小町は
勿論変わらず
文雀師匠が、お勤めです。

続く
「天網島時雨炬燵」は
近松門左衛門作
「心中天網島」の
改作・・・と言われると
なんだか面白く
なさそうな
響きですが、
「紙屋内」と言えば
実は近年まで
こちらが主流。

自然な流れの
近松に比べて
時に強引な
所もありますが、
そこがお芝居。

連れ戻された
おさんが、
書き遺した
書き置きは
娘の衣に。
その文面に驚く
治兵衛と小春。

何にも知らない
娘お末の姿が
涙を誘います。

簑助師匠の
此の芝居での小春は
昭和55年以来です。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/17 11:07] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/668-d8c5d412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。