スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
大阪11月公演御礼・3「あほかぁ!」
お礼ついでに
ちょっと
オマケを。

「双蝶々」の主人公
濡髪長五郎。
舞台途中で
消えてしまう
黒子の仕掛け。

5209-141125.jpg
長五郎でぇす

5208-141125.jpg
高頬に印のこの黒子

5210-141125.jpg
お気づきかと思いますが。


実はあのほくろ
画鋲を使って
おります。

5203-141125.jpg
画鋲です

昔は画鋲を
黒く塗って
そのまま使っていましたが、
現在は少し
パテを盛って
こんな風に
進化しました。

5211-141125.jpg
少し盛ってます

刺したからには
当然穴が残りますが、
この小さな穴は
この公演が終わると
木屑と胡粉で
完璧に修復致しますので
ご心配なく。

引窓の黒子
といえば
その昔、
今はなき道頓堀
朝日座での事。

長五郎は
先代の
勘十郎師匠。
この日は折しも
NHKの舞台収録の日。

よりにもよって
こんな日に
お弟子さんが
黒子をつけ忘れ
これまた何故か
不思議な事に
誰も気づかぬまま
長五郎は
舞台へ。

こんな時
いつもなら
そっと横を向いて
知らぬふりして
つけ直し、で
お許し戴く所、
ググっと寄った
カメラの画像は
容赦なし。
どうする事も
できません。

舞台が跳ねて
暖簾口で
師匠を待つ
かのお弟子さん、
「お師匠さん、
すみません」
の「す」の字も
終わらぬうち、
師匠ツカツカ
駆け寄ると
「あほかぁ!」
の大喝と共に
大きな拳が一閃・・・

そのお弟子さんも
文楽をやめられて
久しいですが、
今でも引窓が
舞台に掛かる度、
誰かの口の端に上る
一口話。

そのお蔭か
あれ以来
誰一人として
黒子をトチった
者はおりません。

いよいよ師走も目前。
一年の締め括りの
12月公演。
皆様東京で
お目に掛かります。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/11/27 13:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/666-ab2a13ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。