清十郎旅日記「春巡業13・慌ただしい一日の巻」
再び戻った東京で
今日の会場は
サンポ・・・じゃなかった
サンパール荒川。
その名の通り
荒川区の
区民会館です。

3060-140404.jpg

3057-140404.jpg

台東、葛飾、
墨田など
お隣の区には
行きましたが、
何故かこれまで
荒川には
御縁なし。

3030-140404.jpg
ん?

3031-140404.jpg
鳩?(本文とは特に関係ありません)


おそらく入門以来
これが
初めてでは。
会館の裏手には
都電荒川線が。

3049-140404.jpg
会館近くの三ノ輪橋駅

3046-140404.jpg
こちらが終点です


小学生までは
(もう半世紀も
昔の事です)
どこへ行くにも
乗るのは都電
だったのですが、
今やこの荒川線が
たった一つの
生き残り。

3052-140404.jpg
ここから早稲田まで約12キロを結んでいます

大阪でも阪堺線が
いまだに健在。
ガタンゴトンと
走る姿を
見ているだけで
心がほっこり
和みます。

この日は
文昇君が体調を崩し
区内中学生を対象にした
特別番組
「日高川」の
清姫を
私が代役。

すると今度は
和馬君が
インフルエンザ
と判明。
藤野の実家に帰っていた
勘介君が
急遽参戦という
慌ただしい一日に
なりました。

ここ荒川区は
いまや人気のスポット
谷根千(谷中、根津、千駄木)や、
上野、浅草にも
ほど近い下町。

東京出身
とは言う物の、
山手線の西側
生まれの私
にとっては
下町はあこがれの
場所。

清姫を終え
ふらっと散歩に
出掛けると、
三ノ輪橋駅から
連なる商店街が。

3045-140404.jpg
ジョイフル三ノ輪?
名前はお洒落です

3041-140404.jpg
常磐線のガード下には、
こんな可愛いイラストが


八百屋、肉屋に
和菓子屋さん。
下町らしく
活気あふれる
お店と共に、
そば屋、中華屋
洋食屋、
(食べ物屋ばかりですが)
お値段手頃で
良さげな店が
二軒ずつ。

何だかとっても
住みやすそう。
次回も是非
荒川に呼んで
戴きたいもの。

ぶらり散歩で
癒されて
活力十分
夜の部の舞台へと
臨みました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/04/04 19:32] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/626-9f2af38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |