清十郎旅日記「春巡業6・定式幕が常設の巻」
設計はすべて
建築家におまかせ
というホールの
多い中、
観客が見やすく
また演者の
やり良い劇場に
という想いの下、
町民はもとより
スタッフ、演者を
数多く交え、
熱心な討議を重ねた上で
漕ぎ着けた竣工。

この町の皆さんに
愛されるのも
当然の事でしょう。

緞帳ばかりのホールの中で
勿論ここは
定式幕が常設。

2864-140325.jpg
勿論こちら常設です

御覧戴いた
お客様も
ホールのボランティアも
皆さんどなたも
とても熱心。

会館主催の
催しものの
数の多さ、
グレードの
高さにも驚きました。

大都市の様に
お金は無くとも
人々の熱意と知恵の力で
こんな素晴らしい
ホールが出来る。

全国各地に
もっともっと
こんな小屋が
生まれて欲しい、
心からそう願っています。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/04/01 10:18] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/616-5011d20e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |