スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
清十郎旅日記「春巡業5・狙いを定めましたの巻」
刈谷での
初日を終え
翌日の公演は
同じく愛知県の
扶桑町。

人口3万人程の
小さな町ですが
文化行政への
取り組みは
とてもユニーク。

2858-140325.jpg
ボランティアスタッフの幟です

2841-140325.jpg
外観もなかなかユニーク


容れ物ばかりに
目が行って
ハード主体の
風潮の中、
箱モノづくりの
その前に、
この町では
「ふそう文化大学」
と銘打った講座を
立ち上げて
各界から一流の
講師を招き、
まず町民の
文化、芸能に対する
関心、理解を
深める事に
力を注ぎました。

そんな町の会館だけに、
出来たホールも
あちらこちらで
良く見かける
「大きさで勝負!」
という様な
無粋な事はなく
「舞台、客席一体の
親しみやすい劇場」
をコンセプトに、
この町の
間尺に合った
程良い大きさ。

2859-140325.jpg
親しみやすい程良い大きさ

2857-140325.jpg
エントランスも素敵です


これまた良くある、
何でもやれそうで
何をやっても
中途半端、
というこれまでの
失敗に学び、
地元で人気の
歌舞伎など
(愛知、岐阜は
地歌舞伎が
盛んです)
日本の伝統芸能の
上演に相応しい
劇場を目指す、
と狙いを定めました。

2860-140325.jpg
歌舞伎上演時には花道も付くそうです

2861-140325.jpg
おおっと桟敷席も

2865-140325.jpg
現代の芝居小屋の雰囲気

2863-140325.jpg
床を置いてもそぐいます


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/03/31 20:08] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/615-876f053f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。