清十郎旅日記「春巡業2・もっけの幸いの巻」
今年度から始まった
文楽人形でのお出迎えは、
お蔭様で大好評。

各公演地で
携帯、スマホを持った
お客様に
取り囲まれての
撮影大会。

なかなか顔を
出す機会の無い
若手にとっても、
覚えて戴く
良いチャンス、
和やかな雰囲気を
写真でお伝え
出来ないのが
残念です。

人形陣の配役は
昨年秋と
全く変わらず。

珍しい事ですが
何をするにも
時間が掛かり
じっくり取組みたい
私には
もっけの幸い
好都合。

「ひらかな盛衰記」
のおよしでは、
権四朗役の
玉也さんの
息も掴めて、
ようやく少し
自分の遣いを離れ
母の気持ちに
浸る事が出来ました。

鷺娘も秋よりは
間取りも決まり
大きく派手に
遣えた・・・ように
思います。

この所数か月の
本公演の舞台で
感じる所のあった、
これからの
基となるべき
大切な物を
形にあらわし、
その事をまた
繰り返し繰り返し
体にしっかりと
沁み込ませる
という時間が
たっぷりと
持てたのも
巡業の有り難さ。

千秋楽のその日まで
明日につながる
お土産どっさり、
思う存分
勉強させて戴きました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/03/29 15:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/612-ccf89949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |