2月公演御礼5「出て来る度に」
話が長く
なりましたが、
今回遣った
お染さん、
お名残りに
ファッションショー
と参りましょう。

さすがは
船場大店のお嬢様。
出て来る度に
衣裳が
変わります。

2782-140322.jpg
衣装は変わっても

2781-140322.jpg
かしらは同じ物です

2766-140322.jpg
まずこちらが油屋のお着物

2767-140322.jpg
この友禅は野崎村でもお馴染みですね

2760-140322.jpg
黒を基調にちょっとシックな質店のお染

2761-140322.jpg
牡丹に蝶があざやかです

2765-140322.jpg
この子には悲しい腹帯が

2751-140322.jpg
そしてこちらが蔵前

2752-140322.jpg
お七、お三輪でも御存じ、段鹿子の模様です


お染が襟に
掛けているのは
通称「エリ袈裟」
と言いまして、
髪の油が襟に
付かない様に
被せた物。

本来
子供の為の物でしょう。
鈴が付いていて
可愛らしい
音がします。

こちらも三場とも
違うデザインの物を
使っています。

2763-140322.jpg
こちらが襟袈裟

2769-140322.jpg
油店

2771-140322.jpg
質店

2770-140322.jpg
蔵前です

2764-140322.jpg
髪の飾りも

2756-140322.jpg
素敵でしょう

2754-140322.jpg
見る角度で

2768-140322.jpg
表情も変わりますね

2783-140322.jpg
それでは皆様

2786-140322.jpg
ご機嫌よう


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/03/25 20:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/608-2b694c98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |