5月公演配役
大変遅くなりましたが、
東京5月公演の
配役が
発表となりましたので
お知らせします。


□5月10日(土)~5月26日(月)

【第一部】11時開演(15時5分終演予定)

「増補忠臣蔵」
本蔵下屋敷の段
前・竹本千歳大夫、竹澤團七
後・竹本津駒大夫、鶴澤寛治、(琴)鶴澤清公

[人形役割]
井浪伴左衛門・吉田玉輝
加古川本蔵・吉田玉也
三千歳姫・吉田簑二郎
小姓・桐竹勘介(前半)吉田玉路(後半)
桃井若狭之助・桐竹紋壽


「恋女房染分手綱」(こいにょうぼうそめわけたづな)
沓掛村の段
前・竹本文字久大夫、鶴澤藤蔵
切・竹本住大夫、野澤錦糸

坂の下の段
八蔵・竹本文字久太夫、鶴澤清友
慶政・豊竹咲穂大夫
八平次・豊竹始大夫

[人形役割]
馬方八蔵・桐竹勘十郎
八蔵母・吉田文雀
掛乞米屋・吉田幸助
掛乞布屋・吉田玉佳(前半)吉田勘市(後半)
伜与之助後の三吉・吉田簑助
馬方治郎作・桐竹紋臣
座頭慶政 実は伊達与八郎・吉田和生
悪党熊造・桐竹紋壽
悪党虎吉・吉田玉女
鷲塚八平治・吉田玉志


「三十三間堂棟由来」(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)
平太郎住家より木遣り音頭の段
中・豊竹睦大夫、鶴澤清志郎
切・豊竹嶋大夫、豊澤富助

[人形役割]
進ノ蔵人・吉田文昇
平太郎の母・吉田簑一郎
女房お柳・吉田簑助
横曾根平太郎・吉田玉女
みどり丸・吉田玉誉


【第二部】16時開演(20時10分終演予定)

女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)
徳安堤の段
与兵衛・豊竹松香大夫、野澤喜一朗
お吉・竹本三輪大夫
森右衛門・竹本津國大夫
七左衛門・竹本南都大夫
茶屋亭主、弥五郎・竹本文字栄大夫
大尽蝋九・竹本小住大夫
花車、小菊・豊竹咲寿大夫
小栗八弥、お清・豊竹亘大夫

河内屋内の段
口・豊竹芳穂大夫、鶴澤寛太郎
奥・豊竹呂勢大夫、鶴澤清治

豊島屋油店の段
切・豊竹咲大夫、鶴澤燕三

[人形役割]
女房お吉・吉田和生
河内屋与兵衛・桐竹勘十郎
茶屋の亭主・吉田玉彦
刷毛の弥五郎・吉田文哉(前半)吉田簑紫郎(後半)
皆朱の善兵衛・吉田玉勢
天王寺屋小菊・吉田清五郎
天王寺屋花車・桐竹紋臣
会津の大尽蝋九・吉田勘市
小栗八弥・桐竹紋秀
山本森右衛門・吉田幸助
豊島屋七左衛門・吉田勘彌
山上講先達・吉田簑次
河内屋徳兵衛・吉田玉也
徳兵衛女房お沢・桐竹勘壽
河内屋太兵衛・吉田文司
稲荷法印・吉田玉佳
妹おかち・吉田一輔
姉娘お清・桐竹勘次郎
中娘・吉田和馬(前半)吉田簑之(後半)
綿谷小兵衛・桐竹紋吉(前半)吉田玉翔(後半)


「鳴響安宅新関」(なりひびくあたかのしんせき)
勧進帳の段
弁慶・豊竹英大夫、鶴澤清介
富樫・竹本千歳大夫、竹澤宗助
義経・豊竹咲穂大夫、竹澤團吾
伊勢、片岡・豊竹希大夫、鶴澤清馗
駿河、常陸坊・豊竹靖大夫、鶴澤清丈
番卒・豊竹咲寿大夫
番卒・竹本小住大夫

[人形役割]
富樫之介正弘・豊松清十郎
源義経・吉田勘彌
伊勢三郎・桐竹紋秀(前半)吉田玉勢(後半)
駿河次郎・桐竹紋吉
片岡八郎・吉田玉翔
常陸坊海尊・桐竹亀次
武蔵坊弁慶・吉田玉女

※ダブルキャスト
前半:10日(土)~18日(日)
後半:19日(月)~26日(月)
※この公演の入替はありません。


住大夫師匠の
突然の
引退発表で
この公演が師匠の
聞き納めとなりました。

人形陣は
驚きの顔揃え。
簑助師匠が
伜与之助とは。
配役を三回ほど
見直しました。
惜しまれる
師匠の引退に
花を添えます。

私は「勧進帳」の
富樫之助を勤めます。
先代の清十郎師匠の
足は勤めましたが
それ以来
左でも、勉強会でも
経験の無いお役。

勿論浄瑠璃は
身に沁み渡っておりますし
スカッとした
立ち姿が
素晴らしかった
先代清十郎師匠の
当たり役。

4月の桜丸に引き続き
精一杯勉強
させて戴きます。

いつも取りにくい
東京のチケットが
今回は更にさらに
取りずらくなる事が
予想され、
お客様には
ご迷惑を
お掛けする事に
なると思いますが、
住大夫師匠の
門出に相応しい
舞台を勤める為、
座員一同が
心を一つにして
取り組みます。

皆様のお越しを
心よりお待ち
申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/03/05 05:55] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/597-18f28eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |