スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
初春公演御礼・続きの三段目(あくまでも人形遣い)
また小道具を扱う時にも
気を配らねば
なりません。

2509-140129.jpg
二人禿の小道具たちです

御覧の通り
羽根や毬には
差し金、
と呼ばれる
棒が付いております。

2513-140129.jpg
木製なのに差し「金」とは?

棒があれば
当然この様に
持ちたくなるのが
人情、
という物。

2528-140129.jpg
これでは何か不都合が?

しかーし、
それが大間違い。
これでは人形の手と
毬との縁が
切れてしまいます。

2530-140129.jpg
失敗例

我々はあくまでも
人形遣い。
役者さんでは
ありません。
物を持った時は
自分自身ではなく
人形の手が
どの様に見えるかを
常に意識しなくては。

毬の差し金は
持つ為の物でなく
単なる支え
と心得て、
毬その物を握ると
ほーら、
大成功。

2531-140129.jpg
これなら合格!

この事は
毬ばかりにはとどまらず
羽子板の柄を持つ時や
立役ならば
刀のツカを持つ時も、
自分の寸法で
得心していると
人形の手は
あらぬ所に。

たとえ少々
持ちづらくとも
自分を殺して
人形第一に。
いつも忘れては
ならない
大切な心得事です。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/01/31 12:15] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/591-c3ba3ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。