1万3千人の感謝
14日の停電では
ご来場の皆様に
大変な
ご迷惑を
お掛け致しました。
改めて
お詫び申し上げます。

当然お客様から
厳しいお叱りを
受ける事かと
思っておりました所、
そのような事も無く
皆様静かに
お帰りになられた
とお聞きし、
感謝の気持ちと共に
あのような時にも
舞台の進行を
止める事無く、
何事も無かった
かのように、
語り続け
弾き続け
遣い通した
私どもの思いを
お汲み取り
戴けたのかなと
嬉しく思っています。

有難うございました。

この様なご迷惑を
二度とふたたび
お掛けせぬようにと
スタッフ共々
誓い合っていた
昨日17日、
昼の部の開演が
三分押しに
(遅れる事を幕内では
「押す」と申します)。
「今度は何が!」
と聞いてみれば
な、なんと!
平日にも関わらず
当日券を
お買求めの
お客様を
お待ちする為の
三分押し。

これは前日
朝日新聞に、
入場者数が
規定に達せぬ為
来年度大阪市からの
補助金減額が
決定的になった、
という記事が
掲載された事。

その記事はこちらに
http://www.asahi.com/articles/ASG1G7763G1GPTFC01X.html

【文楽協会への補助減額へ 条件の入場者数、達成困難】

大阪・日本橋の国立文楽劇場で上演されている
人形浄瑠璃文楽の初春公演の観客数が
12日間で計約1万3千人だった事が15日、分かった。
この結果、残り11日間計22公演ですべて満席(731席)でも
計約1万6千人にとどまり、大阪市が文楽協会に
満額2900万を助成する条件を満たす約3万人に達せず、
今年度の補助金は減らされる見通しとなった。
大阪市は今年度の補助金について、
国立文楽劇場の入場者数が
年度内10万5千人以上ならば満額、
それ未満なら入場者1人につき約1930円ずつ削減、
9万人以下ならゼロという指針を示していた。
15日現在の合計入場者数は約8万8千人。

そしてその
報道を受け、
上方落語の
桂南光師匠が
(ご自分でも義太夫節を
お稽古されている程
大の文楽ファンです)
大阪、毎日放送の
「ちちんぷいぷい」
(関西ローカルですけど
こちらではとっても
人気の番組)
という放送の中で
怒りのコメントと共に
文楽に大いなる
エールを送って
下さったお蔭かと。

感謝、感謝です。
嬉しい気持ちと共に
更に嬉しかったのが、
朝日の記事の中の
公演前半だけで
入場者が1万3千人
という所。
これは一日にすると
昼夜とも540人以上。
戎さんを過ぎれば
特に夜の部など
寂しいさみしい客席が
当たり前だった
例年を思うと
これはもう連日
大入り満員に
等しい事。

このままいけば
この公演、
2万人を
大きく上まる
観客動員。

補助金騒動の
直ぐ後で、
皆様の後押しを戴いた
昨年でも
正月は
2万1千人
だった事を思うと、
本当に驚くべき
お客様の数。

表面上は騒動が
収まった今でも
文楽を愛し
「文楽応援したろか」
というお気持ちを
ずっと持ち続けて
下さったからこそ。

記事の中では
そのお客様方が
積み上げて下さった
公演前半の成果を
さらっとスルーして
しまったのが
残念で、
このブログには珍しく
リアルタイムで書きました。

記事があっても
なかっても
えべっさんが
終わっても、
変わらず通って
下さった皆様。
ありがとうございます。

もちろん
新聞御覧になって
「こりゃ何とか
したらなアカン!」
とおっとり刀で
寒い中
お出掛け下さった
皆様にも
心より感謝。
こんな嬉しい事は
ありません。

26日の楽日まで
皆様の温かい
励ましのお心を胸に
座員一同
勤めます。

ありがとうございました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/01/18 23:59] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/586-a9a7404b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |