12月公演御礼・7「気を引き締めて臨みます」
改めて今年の文楽を
振り返ってみると、
一昨年の大震災、
昨年の大阪市からの
補助金問題の様な
大きな出来事は無く
比較的穏やかな
一年だったように
感じます。

しかしその時の
決意を忘れず、
このブログでも
折に触れ
お伝えした様に、
もっと身近で
愛される文楽を目指し
各地での小公演、
ワークショップなど
文楽劇場、
文楽協会と
手を携えた取り組みは、
地道ながら今年も
変わる事無く
続けて参りました。

日本の景気にも
ようやく明るい兆しが
見え始めたこの頃、
気が付くと文楽にも
随分と若い人が増え
活力が漲って来た様で、
嬉しく感じています。

来年は、文楽劇場
開場30周年の
節目の年。

4月にはそれを記念して
「菅原伝授手習鑑」の
通し公演という、
大きな舞台も
待っています。

私の年明けは
まず忠兵衛から。
簑助師匠と
ご一緒の舞台、
6年前の遣いから
どれだけ前に
進めたか、
気を引き締めて
臨みます。

今年もこのブログ
ご愛顧いただき
有難うございました。
どうぞ来年も
文楽共々
変わらず宜しく
お願い致します。

新しい一年が
皆様にとって
さらに
素晴らしい
年となります様に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/31 19:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/571-54207910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |