11月公演上演中です・1「少々遅くなりますが」
11月の声を聞くと
朝晩めっきりと冷え込んで
街路の木々も色づくと共に
いよいよ
鍋料理の季節到来。
よせ鍋しゃぶしゃぶちゃんこ鍋、
すき焼き水炊きキムチチゲ、
鍋大好きの私にとって
嬉しい季節がやって参りました。

さあ今夜はなに鍋に、
などとお気楽な事ばかり
考えている内に、
11月大阪公演も
はや一週間。

今月は東京に引き続いて
「伊賀越道中双六」の
通し公演。

いつもはたっぷり
時間のある私も、
今回は
序幕「鶴が岡」から
大団円の「伊賀上野敵討」まで
昼夜通して出番があり
(こういう時我々は
チョンチョンから
チョンチョンまでと申します)
ブログ更新がすっかり
ご無沙汰となっておりました。

大阪では「鶴が岡」の上演で
股五郎の悪玉ぶりが際立ち
また私の遣います志津馬が
いかにも文楽の二枚目らしい(?)
その頼りなさを表わして
御覧戴いたお客様には
なかなか御好評の様子。

演者それぞれに
悪慣れする事無く
9月よりさらに
練り上げた物をと
張り切って勤めております。

大阪では昔から
割と敬遠されがちな
通し上演でしたが、
蓋を開けてみると
特に昼の部は
上々の入り。
胸をなでおろしました。

とは言いながら
夜の部の客席は
昼に比べて少しばかり
寂しいのも
実の所。

二時間ドラマ並み(?)に
謎解き得意な近松半二。
志津馬夫婦の行く末は?
妻お谷の身の果ては?
郡山を出奔した政右衛門に
降りかかる運命は?
心ならずも敵方に
与する事となった十兵衛の
義理の果たし方とは?
散りばめられた
数々の謎が
解き明かされるのは
この夜の部。

終演は午後9時近くと
少々遅くなりますが
めでたく本懐遂げる
「敵討」まで
御覧いただきたい。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/10 11:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/554-9a4b01fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |