スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
九月公演御礼・1「東京には珍しく」
公演半ばの
16日、
本州に上陸した
台風一過のその後、
劇場周辺では
雲一つない
日本晴れの毎日。

いかにも秋、
という爽やかな
気候の中で
九月東京公演
めでたく
千秋楽と
なりました。

その中でも
9月19日は
中秋の名月。

その美しさ
涼やかさに
劇場からの
道すがら
思わずカメラを
向けた物の
これではまるで
黄身の崩れた
月見そば。
あえなく消去
となりました。

と、そんな事は
兎も角も、
今月もまた嬉しい
大入り袋の御披露が
叶いました。

1598-130927.jpg

いつも変わらぬ
皆様の御贔屓に
厚く御礼
申し上げます。
有難うございました。

今月東京では
6年振りの
通し公演。

「円覚寺を見た事で
股五郎側についた
十兵衛の苦しみが
より良く分かって、
お馴染みの沼津が
更に味わい深く
楽しめました」

という様な
嬉しいお声も
頂戴する半面、
東京には珍しく
後列には空席が
目立つ日も
あったのは事実。

「通しはちょっと・・・
時間が長いし、
変化がないし。
今回は見送って、また
12月にしましょうか」と
敬遠されたお客様が
結構いらしたのでは。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/09/30 09:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/536-128dd2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。