九月公演開幕です・4「一番の悪人は実は」
そう言えば以前、このブログに

「文楽に登場する
女性達は
総じて強く
儚く健気で
現実には絶対
お目にかかれまい、
という位に
美しく素敵なのに、
どうして男役は。
劇場に来たら
現実を離れて
イイ男にうっとりと
してみたい。
王子様、とまでは
申しませんが、
カッコいい二枚目の
登場する
お勧めのお芝居
ぜひぜひお教えを」

というメールを
戴きました。
うーん、そうか、
そう言われると
確かに。
あれか、これかと
指折っても
ウーン。
見つからない・・・

世話物の二枚目は、
治兵衛、忠兵衛、
磯之丞、
優柔不断で
その場かぎり。
周囲の人を
巻き込んで
おきながら、
本人にその自覚が
全くないのが
困りもの。
まだまだ幼い
久松にも
その芽生えが
見て取れます。

時代物の二枚目は
三浦之助に
十次郎、
すっきり爽やか
イイ男、
と思えば
すぐに儚い最期。

妹背山の求馬など
己の顔立ち
武器にして
二人の娘を
手玉に取り、
目的の為には
手段を選ばぬ、
ひどい奴。
もしや手段が
目的か、
と思うのは
私一人では
ありますまい。

文楽のお芝居で
一番の悪人は
実はこのイケメン、
二枚目達かも
知れません。

のんびり
書いている内に
もう公演も中日過ぎ。

夜の部終演は
9時近く。
少々遅くなりますが、
秋の夜長に
たっぷりと
お楽しみ
下さいます様に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/09/16 11:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/531-c0424250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |