九月公演開幕です・2「いつの間にか自然と」
昔の方は
こんな本を
懐中に忍ばせて
お芝居を御覧に
なったのでしょうね。

今回の内容は
千本松原の部分
だけですが、
裏表紙までそのままに
なかなか凝った作り。
読みやすく
活字に起こした
小冊子も
付いております。

通りかかった
三輪大夫さんが
この本を眺めて、

「この本を見ながら
何べんか聞いたら、
いつの間にか自然と
読めるようになるよ。
習うより慣れろ、
というしね」
と仰っていました。

政右衛門屋敷の
おのちでは
ありませんが、
ちょっこりとして
どこに置いても
邪魔にならぬ
この懐中稽古本。
お引換は劇場の
チケット受付で、
昼夜の観賞券を
ご提示下さい。

もちろん
昼夜の
観劇日が
同じ日でなくとも
構いません。

劇場からのお知らせはこちらに
http://www.ntj.jac.go.jp/topics/kokuritsu/25/2839.html

今月
昼の部は
お蔭様で完売
となりましたが、
夜の部には
まだお席が
ございます。

昼の部にお越しの
お客様には
是非首尾よく
仇を討ち果たす
伊賀上野まで
御覧いただき、
この復刻稽古本で
素浄瑠璃盛んな
明治の昔を
偲んで戴きたい、
と願っております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/09/14 10:38] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/530-d186d417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |