御存じですか・3「公演記録鑑賞会」見比べてみるのも
さてさてもう一つ
御紹介したいのが
「公演記録鑑賞会」。

国立劇場開場以来
資料として撮影した
舞台の映像を御覧戴きます。

東京でも同じ催しが
ございますが、
歌舞伎、演芸、舞踊と
内容が多岐にわたる
国立劇場に比べ
勿論こちら大阪は
文楽が中心。

原則月に一回、
やはり劇場3階の
小ホールでの開催。

いまや伝説ともいえる
越路、津大夫、
紋十郎、勘十郎の
至芸が目の前に
甦ります。

いやいや
若いファンなら
玉男師匠も
ライブでは御覧になって
いないかも。

ちょっとこれからの
ラインナップを
御紹介しますと、

次回、9月7日(土)は
津大夫、勘十郎(二代)の
「吃又」に
源大夫、玉男、簑助の
「封印切」。

10月4日(金)は
平成7年上演の
「恋娘昔八丈」。

本公演中の
11月8日(金)には
「伊賀越」の岡崎を
何と歌舞伎で。
先代鴈治郎の政右衛門に
先代仁左衛門の幸兵衛、
先代扇雀のお谷
(先代ばかりですが)。
昭和45年の舞台です。

歌舞伎と文楽、
見比べてみるのも
面白そうです。

こちらも勿論無料。
先着159名様まで
ご入場いただけます。

正面入口を入り
右手に小ホール用の
エレベーターが
御座いますので、
直接3階へ。

当日の
開場は13時半、
上映は14時開始です。

上映日程など詳しい事は
HPを御覧戴くか
http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku/760.html

文楽劇場調査資料係
06-6212-2531(代表)
までお問い合わせください。

是まで地道に
続けて来た
この上映会。
公演のプログラム
などでも
お知らせしていますが
まだまだ認知不足。

多くの皆さんに
知って戴き、
抽選でないと
入りきれない位の
人気の催しに
育っってくれる事を
願っています。

燃える暑さに
負けぬよう
熱い舞台を
勤める為、
水分補給も
怠らず、
しっかり充電
準備をして
内子座、そして
9月の舞台に
臨みます。

皆様どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/08/23 16:00] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/520-e1bc11aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |